iPhone 6sが水に強くなったのはAppleの特許技術の恩恵!?やはり将来的には防水仕様になるのかも

更新日:

by kimi

Photo credit: JanetR3 / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

先日、iPhone 6sは防水仕様ではないもののこれまでのiPhoneに比べて格段に耐水性能が上がっているとお伝えしました。

1時間水につけても壊れずに動いているのは、なんらかの工夫がなされているのではないかと考えられますが…iPhoneを分解して公開しているサイトによると、どうやらアップルが取得した特許技術が実用化されているのではないかとのことですよ!

将来的には公式に防水を謳うようになる?

iPhoneが発売後にテストと称して水につけられたり茹でられたりと悲惨な目にあうのは毎度のこと。

しかしiPhone 6sのテストではこれまでのように水につけたらすぐに壊れてしまうのではなく、水中で一時間も耐えられたという驚きの結果が出ていました。

この原因についてガジェットを分解して公開しているiFixitが興味深い指摘をしていますよ。

iPhone 6sを分解すると、ロジックボードのコネクタの端子部分に、これまでにないシリコンで作られた防水のシールらしきものが貼り付けてあるのが確認できたそうです(以下の画像の赤枠内部)。

iFixitはこれを今年3月にアップルが取得した、防水に関する特許技術を実用化したのではないかと推測しているとのこと。

確かにアップルが取得した特許にはシリコンシールによって防水機能を与えるというものがありました。

コネクタ部分は水濡れした際にもっとも壊れる原因になる場所だそうで、ここを防水のシリコンで覆うことで水の侵入を防ぎ、防水を実現するというわけ。

iPhone 6にはこのようなシリコンシールは貼られていないことから、このシールが耐水性能向上に一躍かっていると考えて良さそうです。

Photo credit: William Hook / Foter / CC BY-SA

防水機能は多くの国産メーカーのスマホで採用されており、またおそらく多くのiPhoneユーザーが期待している機能の一つでしょうから、アップルもその要望をきちんと検討してくれているわけですね。

まだ公式に防水機能があるとは言えないレベルなのかもしれませんが、将来のiPhoneでは公式の機能の一つとして謳ってほしいものです…!

※水中に1時間浸しても壊れなかったというのはあくまでも実験です。iPhone 6s/6s PlusにApple公式の防水機能はついていないので、絶対にわざと水に浸すようなことは止めましょう!

kimi
Photo credit: JanetR3 / Foter / CC BY

関連記事