未来の塗り絵キター(゚∀゚)!ディズニーがリアルタイムで塗った絵を3D化して動かす技術を開発

投稿日:

by 菊太郎

ごきげんよう、菊太郎です。

塗り絵は、輪郭が書かれた絵に色を塗って楽しむための知育玩具ですが、ついにその概念が変わるかもしれません。

なんと、ディズニーが塗り絵を動かすための技術を開発したとのこと。

これによって、塗り絵の意味合いが大きく変化するかもしれませんよ…!

塗った絵が動き出すぞ!

塗り絵は基本的に塗る過程を楽しむもので、塗った後は大して使い道が無くなってしまいますよね。

でももしも、塗り終わった後も楽しむ事が出来たら、塗り絵がもっと楽しむ事が出来ると思いませんか?

そんな夢を叶えてくれる技術を、ディズニーが開発しました。それは「塗った絵が動き出す」というもの。

自分の書いた絵がアニメみたいに動き出すって考えると、とてもワクワクしませんか?

photo credit: Color pencils via photopin (license)

それではどんな技術か、早速見ていきましょう!

まずは普通に塗っていきます。ここまでは良くある塗り絵ですよね。

それを、タブレットのカメラで撮影すると…なんと、立体的に動いています

しかもものすごくリアルに動いています!実際にこういうキャラクターが存在しているみたいですね。

今までもこういった、「書いたものが動き出す」というものはありましたが、あくまでも「平面的なものを動かしている」という感覚のものでした。

しかし、ディズニーは3Dで動けるようにする技術を開発。

「紙に書いたものを動かしている」のではなく、「実際にそこに存在している」かのように動かせることが出来ます。

子供がこの技術を使った塗り絵をすることによって、

  • 塗り絵が楽しくなる
  • 塗り絵が終わった後も楽しくなる
  • 綺麗なキャラクターを作りたいので、丁寧に塗るようになる
  • 綺麗に塗ろうとするので、集中力が付くようになる

などの効果が期待されています。

間もなく登場する大型のiPad Proを使えば、塗ったキャラクターを大画面で動かす事も出来そう。

この技術が進歩すれば、自分の作ったキャラクターのアニメ作品が簡単に作れるようになるかもしれません。

実用化はもう少し先のようですが、早く使えるようになって欲しいですね〜。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

菊太郎はこう思う!
自分で作ったものが動くと、愛着も全然違ってきますよね!
参考:YouTube

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事