脅威の電力効率!iPhone 6s/6s Plusは前機種に比べて2時間以上伸びたらしいぞ

投稿日:

by SHAN

こんにちは、SHANです。

先日発売されたiPhone 6s/6s Plusですが、本体を軽くするためにバッテリーが小型化されたというニュースが報じられたこともあり、発売前から電池持ちを心配する声が多くあがっていました。

しかし海外メディアサイトのPhoneArenaによると、iPhone 6s/6s Plusは前機種のiPhone 6/6 Plusに比べて、なんと電池持ちが2時間以上も伸びているそうなんです。

電池持ちの悪さを懸念して機種変更を見送った方は、その考えが変わるかもしれませんよ〜!

前モデルと比べて駆動時間が2時間も伸びた!

iPhone 6sでは電池の容量が1,810mAhから1,715mAhに、iPhone 6s Plusでは2,915mAhから2,750mAhへとバッテリーが小型化されています。

これにより発売前からiPhone 6s/6s Plusの電池持ちについて心配の声が。

しかしメディアサイトのPhone Arenaが独自の調査を行ったところ、なんとiPhone 6/6 Plusよりも駆動時間が伸びているという結果に!

調査の詳細はこちら。実際に端末を利用している状況と似た状況を作り出し、画面の明るさを同じ数値で固定したところ、iPhone 6sは前モデルに比べて2時間53分も駆動時間が増加。

iPhone 6s Plusの場合も同様に、iPhone 6 Plusと比べて2時間39分も駆動時間が伸びていることが明らかになりました。

電池の大きさが物理的に小さくなっているにも関わらず、ここまでの電力効率を実現できるというのは流石はAppleといったところでしょうか。

電池持ちで迷っていた方でも安心して機種変更することができそうですね〜!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:Phone Arenagori.me

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事