全部無料! iOS 9の広告ブロック機能を利用できるアプリまとめ

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iOS 9から利用できるようになったコンテンツブロッカー機能

この機能を利用して、Safariで閲覧中のウェブページに掲載された広告を非表示にするアプリが多数リリースされています。

今回はその中から無料で利用できるアプリを6つご紹介。無料なのですぐにダウンロードして試すことができますよ!

広告ブロック機能の設定方法

まずは広告ブロック機能の設定方法から解説していきます。

各種対応アプリをダウンロードしたら、設定アプリを開いて一覧から「Safari」→「コンテンツブロッカー」と進み、一覧で有効にしたいアプリを「オン」にしたら完了。

Safariでページを再読み込みするとアプリが対応している広告がブロックされますよ!

以下、無料で公開されている対応アプリ一覧です。ぜひダウンロードして使ってみてください!!

1.1Blocker

ひとつ目は『1Blocker』。基本無料で、広告ブロック以外のコンテンツブロック機能を複数有効にする場合のみアプリ内課金が必要になります。

1Blocker
ユーティリティ
無料

2.AdMop

『AdMop』も同じく無料の広告ブロックアプリ。一見、設定項目が複雑そうですが上記のとおり設定すればすぐに有効になります。

AdMop
仕事効率化
無料

3.Adamant

『Adamant』は設定項目が一切ありません。設定アプリで有効化するだけでオーケー。すぐに広告ブロック機能が利用できます!

Adamant
仕事効率化
無料

4.Freedom

『Freedom』も『Adamant』同様、設定項目がありません。iPhoneの設定アプリで有効にしましょう。

Freedom – ad blocker
ユーティリティ
無料

5.Ad-Blocker

『Ad−Blocker』は無料で広告ブロック機能が使えるほか、アプリ内課金で機能を追加できるのが特徴。拡張性が高いので、自分なりにカスタマイズしたい方にオススメです。

Ad-Blocker for Safari
ユーティリティ
無料

6.Vivio

『Vivio』は拡張性はありませんが、他のアプリと同じく設定アプリで有効化するだけですぐに使い始められます!

Vivio
ユーティリティ
無料

以上、6つのアプリをご紹介しました。ご覧のとおりどれも無料で利用できます。

多少の個性はありますが効果はほとんど同じ。ぜひ色々と試して、お気に入りのアプリを見つけてください!!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事