iPhone 6s/6s Plusのケース選びは要注意!あの”目玉機能”が使えなくなる場合もあるぞ

投稿日:

by SHAN

Photo credit: LoKan Sardari / Foter / CC BY-NC-SA

こんにちは、SHANです。

以前かみあぷではiPhone 6s/6s Plusでは本体が約0.2mm程厚くなるため、iPhone 6用のケースが利用できない可能性についてご紹介しました。

そして今回新たにAppleがケース作成のガイドラインを公開し、サイズ以外の点でもiPhone 6s/6s Plusのケースを選ぶ際に注意すべき点が増えたようなんです。

ケースによっては装着した際に目玉機能の「3D touch」に影響が出る可能性もあるようなので、予約した人は要チェックですよ〜!

新機能「3D Touch」の一部機能が使えなくなる場合も

先日Appleがケースメーカーに向けたガイドラインを更新し、6s/6s Plusの端末から搭載された新機能「3D Touch」を正常に作動させるための新たな条件を加えたようです。

その内容とは「ケースはタッチスクリーン機能を正常に利用するため、タッチスクリーンの有効エリアの端に沿って、120°オープンにしなければならない」といったもの。

要するに、「ケースによってはiPhone6用のものを流用可能だけれど、画面端に近い部分でもタッチしやすいように注意してね」といったところですね。

Photo credit: Yanki01 / Foter / CC BY

なぜなら、iPhone 6s/6 Plusには新機能「3D Touch」の一部機能として、画面の横を軽くタップする「エッジプレス」という新しいジェスチャーが追加され、この操作をする際にケースが動作の妨げになる場合がある模様。

これまでも、通知センターやコントロールセンターの起動を妨げてしまうケースは存在しましたが、画面横は上下よりも隙間が狭いため、今回のガイドラインが追加されたと考えられます。

Photo credit: Yanki01 / Foter / CC BY

それにしても「3D Touch」は押す強さでショートカットメニューを呼び出したりする機能とばかり思っていましたが、画面の端を押す「エッジプレス」でアプリの履歴を呼び出すことが可能に。これはぜひ使ってみたいですよね。

そのようなこともありこれからiPhone 6/6Plusを購入するという方は、ケースを選ぶ際にはこのエッジ部分の処理はちゃんと確認してから購入するようにしてくださいね〜!


関連記事