写真と動画の中間!? iPhone 6sの新機能「Live Photos」とは

投稿日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhone 6s/6 plusには、写真と動画のちょうど中間のような撮影機能「Live Photos」が搭載されます。

従来のGIFアニメのような「動く写真」なのですが、音声も同時に収録できるのが特徴。

新しいアプローチで思い出を残せる「Live Photos」機能について、詳しくご紹介します!

動く写真で思い出を残そう!

「Live Photos」は、写真と動画と同じようにカメラアプリから利用可能。

撮影画面上部にある丸いアイコンをタップすると「Live Photos」モードになり、シャッターを押すとその瞬間の前後を一瞬だけ切り取って動きや音声を付け加えてくれます。

Screenshot by Apple

撮影された”動く写真”は、12メガピクセルの静止画を効率のよいフレーム間圧縮技術によってアニメーション化した、今までにない画期的なもの。

iPhone 6s/6s Plusのアニメーション壁紙にも対応しているので、ロック画面の背景にすることも可能です。「3D Touch」の”強く押す”で動きを確認できますよ。

ただしこの写真には多少の制限があり、閲覧はiPhoneやiPad、Mac、Apple WatchといったAppleデバイスに限られるとのこと。

開発者向けにAPIが公開され、サードパーティ製アプリではFacebookが対応に名乗りを上げているそうですが、こちらもiOS版のみの利用となるそうです。

Screenshot by Apple

Facebookは世界最大の写真共有サービスInstagramを有しています。気軽にシェアできるようになるまでには時間がかかりそうですが、Instagramまで対応サービスが広がるとますます楽しくなりそうな予感。

新しいiPhoneでしか利用できない「Live Photos」、早く使ってみたいですね!

参考:Apple

関連記事