シーン別”ホームボタン”が故障した時に使える操作方法まとめ

更新日:

by ハンサムクロジ

みなさん、iPhoneのホームボタンは正常ですか?

iPhone 6シリーズを使用している方はまだ不具合が出ていないと思いますが、それ以前のiPhoneを長く使っている方は、現在までに少しづつ調子が悪くなってきているかもしれません。

そこで今回は、ホームボタンが効かなくなってしまった時のために覚えておきたいシーン別の操作方法をご紹介したいと思います!

1.ホーム画面に戻る

まずは起動したアプリからホーム画面に戻りたい時の操作方法から。

Assistive Touchを使う

iPhoneの標準機能である「Assistive Touch」を使ってみましょう。

最初に設定アプリを起動して「一般」から「アクセシビリティ」を開きます。

一覧から「Assistive Touch」を選択し、「オン」にしましょう。

すると画面内にボタンが出現するのでこれをタップ。「ホーム」をタップすると、ホーム画面に戻ることができます!

アプリを使う

もうひとつは、サードパーティ製アプリ「Launcher」を利用する方法。

アプリを開いて新規ランチャーを追加、一覧から「特殊ランチャー」を選択します。

アプリ一覧にある「ホーム画面」を選択すると、ウィジェットに専用のボタンが追加されます。

あとは、ホーム画面に戻りたい時にこれをタップするだけでオーケー。ウィジェットから簡単にホーム画面へ移動できます!!

Launcher
仕事効率化
無料

2.アプリ編集モードの終了

次はアプリアイコンを整理する時の「アイコンぷるぷる状態」を終了する方法です。

Assistive Touchを使う

普段ならホームボタンをクリックすればいいのですが、使えない時は先ほどと同じように「Assistive Touch」を利用しましょう。

画面内のボタンをタップして「ホーム」を選択すればオーケー。”ぷるぷる”状態が終了します!

通知センターとコントロールセンターを使う

他にも、通知センターコントロールセンターを使用して止めることも可能。

一瞬引っ張るだけでアプリ編集モードが終了します!

3.マルチタスクの起動

3つめはマルチタスクの起動。ホームボタンが使えなくても、起動中の他のアプリにスムーズに移動することができます。

ここでも「Assistive Touch」を利用しましょう。画面上のボタンからメニューを開いて「ホーム」を2回タップすると、マルチタスクが開きます。

また、メニューから「デバイス」を選択し「その他」をタップ。

すると「マルチタスク」ボタンが出現します。それをタップすることでもマルチタスクを起動できます!

4.Siriの起動・終了

最後はSiriの起動と終了の方法。

起動する方法

まず起動方法ですが、こちらは2種類あります。

例によって「Assistive Touch」を使う方法から。画面内のボタンをタップして、メニューから「Siri」を選択するか「ホーム」を長押しすればオーケーです。

あるいは、ライトニングケーブルをiPhoneにつないで充電状態にし、「Hey Siri」と話しかけることでも起動できます。

終了する方法

終了方法も2種類あります。まず、「Assistive Touch」で「ホーム」を選択する方法。

さらに、Siriに対して「さようなら」などと話しかけることでも終了することができます!

できないこと

ホームボタンが壊れても、ほとんどの操作に代わりのものがあります。

しかし、中にはどうしても代わりのない操作もいくつか存在します。

例えば、指紋認証機能。これはホームボタンそのものでしか機能しません。

さらに、ホームボタンをダブルタップして画面を下げる「簡易アクセス機能」も利用できなくなるようです。

完全に使えなくなる機能もある、ということもしっかり把握しておきましょう!

急いで修理へ!!

ホームボタンが効かなくなったら以上の方法で一時的にしのいで、早急に修理の依頼をしましょう!

また、iPhone 6s発売までごまかしながら使うのも、もしかしたらアリかもしれません。

困った時はぜひ参考にしてみてください!!


関連記事