ローマ法王が使っていたiPadがオークションへ!気になる落札金額は…

投稿日:

by kimi

Photo credit: bfishadow / Foter / CC BY

こんにちはkimiです。

ローマ法王といえば、そこまで日本人には馴染みがないかもしれませんが、Wikipediaによると「カトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者」とのこと。

世界的には非常に大きな影響力を持っている人と言えそうですが、このたびチャリティオークションにローマ法王の使っていたiPadが出品されました。

間違いなく高価な取引になりそうなこのオークション、一体いくらで落札されたのでしょうか…。

◯◯万円で落札!なお、落札者は不明

ウルグアイで今月14日に競売にかけられたのは、ローマ法王フランシスコが使用したiPad。

iPadの裏面には「聖下フランシスコ」という刻印があり、実際に使用していたという証明書もついています。

裏面の写真を見た感じでは第二世代のCellular版iPadのようにみえますね。ローマ法王は約1年半使用したそうですよ。

また、iPadだけではなくロジテック製のキーボードも合わせて出品されています。けっこう頻繁に文章を打っていたのでしょうか?

オークションの開始金額はなんと2万ドル(約238万円)から始まり、最終的には3万500ドル(約360万円)までになりました。落札者はアルゼンチンの企業家とのことですが、詳しい名前は明らかになっていません。

ちなみにオークションの収益は教育施設の工事などに使われるそうです。およそ6万円のiPadが360万円になり、人の役に立つことに使われるなんてさすがローマ法王…と言わざるを得ませんね!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考: Stells,Reuters
kimi
Photo credit: bfishadow / Foter / CC BY

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事