【最新版】iPhoneが水没した時の応急処置!復活させる方法や、やってはいけないNG項目をご紹介

更新日:

by yumi

こんにちは、yumiです。

iPhoneユーザーの天敵、水。

「雨に濡れないように」「お風呂に持って行く時には専用ケースに入れて…」と予防していても、ふとした時トイレに、洗面台に、洗濯機にボチャン!なんてことも。

考えるだけで心臓に悪いですが、万が一「iPhoneを水没させてしまった…」という時のために応急処置を学んでおきましょう!

※ご紹介する方法はあくまで応急処置(復活する可能性があるもの)であり、iPhoneを100%復活させる方法ではありませんのでご了承ください。

iPhoneを水没させた時に準備するもの

まずは応急処置を施す際に必要な以下の道具、

  • SIM取り出しツール(変形できるクリップでも可)
  • ジップロック(なければビニール袋でも可)
  • 乾燥剤(お菓子などに入っているもの2~3個でOK)
  • ティッシュ

を用意。

準備ができたらさっそく処置の方法を見てみましょう。

iPhoneを水没させた際の応急処置

1.電源を切る

iPhoneを水から拾い上げた際、電源が付いたままの場合は電源を切りましょう。スリープボタン長押し→スライドで電源を切ることができます。

※iPhone 6/6 Plus以前の機種はiPhone上部にスリープボタンがあります。

そしてもし水から拾い上げた際、電源が切れていた場合は、絶対に電源を入れないように!濡れたまま電源を入れると重大な故障や腐食の原因になってしまいます。

2.カバー、バンパー、イヤホンジャック等を外す

iPhoneにカバーやバンパー、イヤホン等の付属品をつけている場合は、すべて外します。

カバー等を付けていると、隙間に入り込んだ水を拭き取れません。すべて外し、iPhone表面の水分を拭き取りましょう。

3.SIMカードを抜く

iPhoneを電話として使うために必要なSIMカード。こちらも濡れてしまっていると大変です。

iPhoneを購入した際に付属してきた「SIM取り出しツール」もしくはクリップ等を変形させてSIMカードを抜きましょう。

とても小さいので、失くさないようティッシュに包み大切に保存しておいてください

4.端子部分に入り込んだ水を吸い取る

iPhoneの下部(iPhone 4S以前は上部)にあるイヤホン端子と、Lightningコネクタ(iPhone 4S以前はDOCKコネクタ)部分に入り込んだ水分を、細くしたティッシュで吸い取りましょう。

さてここまで終わったら、続いてiPhoneを乾燥させていきます。

5.iPhoneをティッシュで包む

まずはiPhoneをティッシュで包みましょう。

6.ジップロックにiPhoneと乾燥剤を入れる

ジップロックにティッシュで包んだiPhoneと乾燥剤を入れます。

7.ほんのり暖かいところに放置

あとはほんのり暖かい場所に4日〜5日放置します。直射日光は避け、PCの上などがオススメ。

8.復活したらすぐにバックアップを

4、5日の放置後、「復活してますように」と祈りながらiPhoneの電源を付けてみましょう。スリープボタン長押しで電源を付けることができます。

※iPhone 6/6 Plus以前の機種はiPhone上部にスリープボタンがあります。

これでiPhoneが起動すれば大成功!

しかし電源が付いても「何日後かに壊れてしまう」ということも考えられるので、電源がついたらすぐにバックアップを取ることをオススメします。

以上、iPhoneが水没した際の応急処置についてご紹介しました。また応急処置を施す際、絶対にしてはいけないNG項目がありますので、そちらもご注意下さい!

応急処置の際、絶対にしちゃいけないNG項目

1.iPhoneの電源を入れたり、充電するのはNG

先述した通り、iPhone水没直後に電源を入れるのは絶対にNG。

iPhone内部が濡れた状態で電源を入れると、ショートしてしまい修理不可になるほどの故障の原因になったり、腐食してしまう可能性があります。

2.iPhoneを振るのはNG

iPhoneに水がかかった時、水を飛ばそうとiPhoneを振りたくなってしまいますが、こちらもNGです。

もし内部にまで水が入り込んでいた場合、まだ水が入っていない部分にまで”水が移動してしまう”可能性があるのでやめましょう。

3.iPhoneをドライヤーで乾かすのはNG

iPhoneを4日〜5日放置なんて待てない!要は乾かせばいいんでしょ?と、ドライヤーを使うのはNG。

ドライヤーの熱風はそもそもiPhoneにとって良くないですし、急速に水分を飛ばすことによりiPhone内部のサビや腐食を進めてしまう可能性があります。

4.電子レンジで乾かすのはNG

当たり前ですが、電子レンジで乾かすのももちろんNGです。

水没以前にiPhoneが完全に壊れますので電子レンジには絶対に入れないように!

5.1日で電源を付けるのはNG

1日放おっておけば大丈夫でしょ…とすぐに電源を付けるのもNG。

目では見えない内部に残った水分で、電源を付けた瞬間にショートする可能性があります。

6.水以外で処置を施すのはNG

水ではなくコーヒーやジュース、または海水などにiPhoneをつけてしまった場合、内部の洗浄が必要になります。

専門知識がないとiPhoneを復活させるのは難しいので、こういった場合は専門家に任せましょう。

と、ここまでNG項目をご紹介しましたが、これらに気をつけて応急処置をしてもiPhoneが復活しない…という場合ももちろんあります。

そんな時は残念ながら修理に出さなければいけませんが、自分が加入している保証プランによって安く済むこともあるので要チェックですよ。

応急処置を施してもダメだったら…

1.AppleCare+ for iPhoneに入っている場合

AppleCare+ for iPhoneは、iPhone購入日から2年間、修理などのサービスを1回につき7,800円で最大2回まで受けられるサービス。

こちらに加入している場合は、AppleCareに電話すればOKです。ちなみにApple Care+ for iPhoneは、iPhoneを購入した時、もしくは購入してから30日以内ならば加入できますよ。

詳しくはこちら→Apple Care+ for iPhone

2.Apple Care+ for iPhoneに入ってない→Apple Storeが近くにある場合

Apple Care+ for iPhoneに加入しておらず、近くにApple Storeがある場合は、Genius Bar(ジーニアスバー)を予約し「水没させてしまった」と申告しましょう。

水没だとほとんどの場合が本体交換となり、代金の目安は以下となっています。

  • iPhone 6 Plus:¥38,800
  • iPhone 6:¥34,800
  • iPhone 5s/5c/5:¥31,800
  • iPhone 4s:¥22,800
  • iPhone 4/3GS/3G:¥16,800

詳しくはこちら→Apple Store Genius Bar

3.Apple Care+ for iPhoneに入ってない→Apple Storeが近くにない場合

Apple Care+ for iPhoneに加入しておらず、Apple Storeが近くにない場合は、オンラインにて修理の申し込みをしましょう。

Apple指定の宅配業者が引き取りに来てくれ、修理が完了すると送り返してくれます(こちらもGenius Barと同じ料金がかかります)。

詳しくはこちら→Appleサポート

4.キャリアのサポートに入っている場合

Apple Care+ for iPhoneではなく、キャリア独自の保証サービスに入っている方はこちらもご参考下さい。

◆ソフトバンク:あんしん保証パック(i)プラス(月額650円)

Appleが行っている修理を行い、その請求書を持参してソフトバンクショップへ。支払った修理代金の85%以上を、月々の利用料金から割引してくれます。

詳しくはこちら→あんしん保証パック(i)プラス

◆au:auスマートパス(月額372円)

auスマートパスに加入している方は、最大7,800円(2回まで)の修理代金をお見舞金として支払ってくれます。

詳しくはこちら→auスマートパス

◆ドコモ:ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(月額600円※1

iPhoneを回収し、故障修理・外側カバーの交換・品質の確認を行ったうえで、新品同様の状態に初期化した電話機(リフレッシュ品)にしてくれるサービス。7,500円で1年間に2回まで利用できます。

詳しくはこちら→ケータイ補償サービス for iPhone & iPad

※1:iPhone 5cは500円

Apple Care+ for iPhone、もしくはキャリア独自のサービスに入っておくと安心ですね!最後に、そもそも水没をさせないためのガジェットやサービスをご紹介します。

水没させる前に…

1.ケースで予防

まずは手軽な、防水ケースを付ける方法。「Life proof」は防水以外にも、防雪・防塵・耐衝撃と、あらゆるものからiPhoneを守ってくれるケースです。

水没させたくない、落として画面を割りたくない、という方にオススメですよ。

詳しい記事はこちら→防水ケースの決定版!「LifeProof iPhone6 fre」防水・防雪・防塵・耐衝撃の最強ケースをレビュー

2.自分でiPhoneを防水化

ケースはイヤ、iPhoneは裸で使うのが至高!という方にはこちらの「Flash Flood」。

髪の毛の40,000分の1という細かな粒子(ナノコーティング)で覆うことによりiPhoneを防水化できます。

ナノコーティングは半年〜1年ほど保つそうですよ。

詳しい記事はこちら→「Flash Flood」ナノテクでiPhoneを防水化!塗って乾かすだけで簡単に防水加工できるぞ

3.プロに防水化してもらう

ケースもイヤ、自分でやるのも面倒、という方はプロに頼んじゃいましょう!

iPhone修理のlogicmagicが、iPhone耐水加工サービスを提供しています。iPhoneの外側でなく、内部をコーティングしてくれるそうですよ。

詳しい記事はこちら→ついに国内でiPhoneを防水加工できるように! 7,800円で水に強いiPhoneに変身させられるぞ

ということで、iPhoneを水没させてしまった際の応急処置方法をご紹介しました。万が一に備えて、ぜひ覚えておいて下さいね!

※ご紹介した方法はあくまで応急処置(復活する可能性があるもの)であり、iPhoneを100%復活させる方法ではありませんのでご了承ください。また、ご紹介したサービスや製品はAppleの保証対象外となる可能性がありますので、自己責任の上お試し下さい。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事