寝る前のiPhoneは顔から36cm離して使おう!快適な睡眠を得られるらしいぞ

更新日:

by kimi

photo credit: juandazeng via photopin cc

こんにちはkimiです。

ベッドに入りながらつい寝る直前まで見てしまうiPhone。しかし、液晶画面から発せられる光が「睡眠を妨げる」として問題にもなっています。

本当は寝る前にiPhoneを使わないのが一番適切なのですが、どうしても使いたい人は顔から36cmほど離せば効果があることが分かりましたよ〜!

結構腕を伸ばす必要はあるものの…

夜遅くまでついiPhoneを使っていると、寝つきが悪くなったり睡眠時間が減ってしまったり…その一因は液晶画面から出ている光にあるそうです。

photo credit: Ryan Tir via photopin cc

覚醒状態と睡眠状態を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があるのが「メラトニン」と呼ばれるホルモン。通常は夜間に分泌されるのですが…

夜中に強い光、例えば液晶画面の光を見るとこのホルモンの分泌が減ってしまい、睡眠のリズムが狂ってしまいます。なので、快眠を得るためにはベッドに入った後はiPhoneの画面を見ないようにしたほうがいいのは間違いありません。

photo credit: liquene via photopin cc

しかし今回、ある程度腕を伸ばせばメラトニンの分泌が減ることを抑えられるということが明らかになりました。

調査結果を明らかにしたのはアメリカの総合病院メイヨークリニック。メイヨークリニックが公表したところによると、「スマホやタブレットを14インチ(約35.6cm)以上顔から離せばメラトニンの分泌を妨害する可能性を減らす」のだそうです。

photo credit: helgabj via photopin cc

36cm離すということを実際にやってみると、腕を伸ばし気味にする必要がありなかなか見にくい状況にあるのですが、知識として知っていれば習慣付けられるかもしれませんね。

「最近寝付きが悪い」等、満足な睡眠を得られていない方はぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

参考:Mayo Clinic
kimi
photo credit: juandazeng via photopin cc

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事