【検証】Bluetoothをオンにしているとバッテリー消費は激しくなるのか?

更新日:

by すし(ごめんね)

音楽を聞いたり、テザリングする際に活躍するBluetooth。でもBluetoothをオンにしているとバッテリー消費がヒドくなる…と聞いたことありませんか?

でも本当にBluetoothはバッテリーに影響するのでしょうか?そこで今回、iOS12で検証を行なってみましたよ!

関連記事:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

iPhoneバッテリー消費の原因はBluetooth?

Bluetoothは本当にiPhoneのバッテリー消費に影響を及ぼすのか…さっそく検証してみます!

検証条件はこちら。

  • 100%からどのくらい減るか60分間計測
  • Bluetoothがオフにならないように画面は付けっぱなし
  • おやすみモードで通知は全オフに
  • iOS12.1.2で検証
  • 差が出やすいように敢えてバッテリーの状態が悪い「最大容量79%」の機種を選択

まずはBluetoothがオフの状態で60分計測してみますよ〜。

結果は…4%減の96%!

操作も通知もない状態とはいえ、96%はなかなか優秀ですよね。続いてBluetoothをオンにして測ってみますよ。96%より減るのでしょうか…。

25分を経過した時点で減り始め、結果は94%に。やはりBluetoothがオンになっているとバッテリー消費は若干早いようです。

しかしこれはBluetoothをオンにしながらも、他の機器となにも接続していない状態。そこでBluetoothをオンにした上で機器と接続した場合も検証してみました!

関連:iPhoneの低電力モードのデメリットとは?

音楽を聴いた場合のバッテリー消費は?

Bluetoothをオンにして接続できるイヤホンを使って音楽を聞く場合」と「Bluetoothをオフにして、プラグを差すタイプのイヤホンを使って音楽を聞く場合」で、差が出るのか見てみましょう。

まずは「Bluetoothをオフにしてプラグを差すタイプのイヤホン」を使い、60分間音楽を聞いてみます。

50分を経過した時点でバッテリーが大きく減り始め最終的にはは77%に。音楽をかけずに計測したときよりも21%消費が大きいようです。

さて、Bluetoothイヤホンの場合はどうなるのでしょうか…。

Bluetoothヘッドフォンで音楽を60分間聞いてみましょう。

20分を経過した時点で一気にバッテリーが減り始め、結果は65%に。

バッテリーが弱っていたせいか、かなり下がりましたね…。

関連:iPhoneの付属イヤホンの機能はすごいぞ!便利な使い方まとめ

◆結果

ということで、結果はこうなりましたよ。

  • Bluetoothオフ:96%
  • Bluetoothオン:94%
  • Bluetoothオフ+音楽:77%
  • Bluetoothオン+Bluetoothイヤホンで音楽:65%

やはりBluetoothをオンにしていた方が、オフにしている時に比べてバッテリーを消費するようです。

また音楽再生をする場合、BluetoothがONの方がバッテリーの減りはかなり大きくなるようです。

とは言え検証条件が「画面つけっぱなし」「バッテリーの最大容量が79%」と、かなり過酷なので実際の使用時にはこれほどバッテリーは減らないのでご安心を!

関連:【通信制限の時に読む】iPhoneで徹底的に通信量を節約する設定方法まとめ

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事