「LINEのトークは監視されている」との情報、 LINEが公式に訂正

145

2018.07.14

by ゆう

数日前からネット上で「LINEのトークルームはLINE側に監視されている」という情報が広がっています。

この件に関して、LINE公式Twitterが情報を訂正するツイートを投稿。トークや通話の内容を取得することはないとのこと。

トーク内容は監視されていない!

数日前からネット上で広がっている「LINEのトークルーム監視」とは、このような情報です。

簡単にまとめると、LINEアプリ設定内の「トークルーム情報」という項目がいつの間にかONになっており、これはLINE側にトーク内容監視の許可を意味している、というもの。



実際にLINEアプリ内の設定から、「プライバシー管理」へと進み……、

「情報の提供」→「トークルーム情報」を見てみると、ONになっていました。

この「トークルーム情報」がONになっていると、LINE側へトーク内容が監視されるという情報が広がっているわけですが……。

これについてLINE公式Twitterが「事実と異なる情報が出回っているため、訂正させていただきます」とツイート


LINE公式Twitterによると、「トークや通話内容を取得することない」とのこと。

トークルーム情報がONになっている場合のみ、不正利用防止やサービス向上のため特定の情報を取得するそうです

その特定の情報というのは以下。

  • 使用したスタンプ、絵文字、エフェクト、フィルターの種類
  • トークの相手、日時、既読、データ形式(取消機能やURLへのアクセスなどの利用状況)

これらは具体的なトーク・通話内容を含まないため、LINE側に情報が漏れることはないそうです

そもそも「トークルーム情報」がデフォルトでONになっていたのは、おそらく1月15日に行われたプライバシーポリシーの変更が原因。

このときユーザーに表示された以下の画面で、「同意する」をタップしたためONになっていたようです。

トーク・通話の内容がLINE側へ漏れることはありませんが、それでも何だか気になる方は、「トークルーム情報」をOFFにしておくと良さそうですね。

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事