NHK、めちゃくちゃ儲かってるのに受信料は値下げせず!ネット同時放送等へ投資

53

2017.11.16

最近ネットユーザーから批判を浴びることが多いNHKですが、今回も「おいおい」と言われてしまいそうなニュースが入ってきました。

200億円の剰余金(※)が出る見込みにも関わらず、月額50円の値下げにも対応しないことを発表。その理由はネット同時放送などへの投資らしいですよ(;´Д`)

※収入から支出を引いて残っている金額(参考:Weblio辞書

NHK、ネット同時放送などへの投資で値下げ対応せず

NHKは1,700億円を使って渋谷の放送センターの建て替えを計画していますが、この1,700億円の積立が昨年目標に達し、さらに200億円の剰余金が出る見込みだそう。

めちゃくちゃ儲かってますね(^ω^)

受信料収入も2016年度に6,769億円と3年連続で過去最高を更新しているそうで…いや〜景気の良い話です。それだけ儲かっていれば…ということで、籾井前会長は受信料の値下げを提案していました。

現在のNHKの受信料は月額1,260円(衛星放送なし・口座振替もしくはクレジット払い)。ここから約4%、50円の値下げを提案していたわけですが、たかが50円…されど50円ということでしょうか。

経営委員会は「値下げダメ絶対」という意見で、受信料の値下げについて見送る方向で調整にはいったとのこと。

その理由は、これまた賛否両論のネット同時放送などへの投資がかなりかかる見通しだからなんですって。なんでもネット同時放送には初期投資に約50億、運用に年約50億もかかるんだそう。

テレビと同じ内容をネットで放送するだけなのに、運用に50億円もかかるんですねぇ。サーバー代とかですかねぇ(白目)

また、現在試験放送実施中で、2018年末に放送を開始する4K・8K映像にも多額の経費がかかるとのこと。4K・8Kって…。

上述した通り受信料収入は3年連続で過去最高を更新してるわけですから、50円の値下げすら対応しないとなると批判は避けられない予感が…。

NHKの執行部と経営委員会は「値下げよりも放送サービスの拡充で視聴者に利益還元すべき」という意見のようですが、受信料を払っている国民としては50円でも値下げしてくれた方が嬉しいような…みなさんはいかがですか?

参考:毎日新聞

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事