ジェットブラックの悪夢再来?iPhone 8の新色ゴールドは超品薄で発売時期がずれる可能性も

32

2017.09.12

ども!ともぞうです。

昨年iPhone 7発売時に公式サイトでもメインカラーとして使われていたにも関わらず、ジェットブラックが入手困難だったのは記憶に新しいですよね。

どうもあんな事が今年も起きそうです…。

事前情報通りiPhone 8の初回出荷量は少ない模様

今年のiPhoneの目玉と言えばやはり、ベゼルが細くなりホームボタンが廃止されるiPhone 8ですよね。

イメージ画像 photo by Twitter

さらに、SIMトレイのリーク写真から「ブラッシュゴールド」と呼ばれる新色の噂も。


で、そもそも今年のiPhone 8は有機ELディスプレイに顔認証Face IDなどを搭載した挑戦的なモデルになることもあるのか、たびたび出ているのが初回出荷量が少ないとか発売日がずれ込むという情報。

Photo by mydrivers.com

Macお宝鑑定団Blogによると、台湾サプライヤーから「iPhone 8の出荷モデルの生産は9月から」「そのため出荷は10月になる可能性が高い」なんていう話もあったり…

そしてそこに追い打ちを掛けるように、9to5Macでは海外アナリストが新色の「ブラッシュゴールド」が特に品薄もしくは発売日がずれ込む可能性があると伝えているんです。

Photo by mydrivers.com

その理由は新色の生産上の問題とのこと。

あれ?これどこかで聞いたことあるな…と思ったら、昨年のiPhone 7シリーズの売りだった新色ジェットブラックが発売日に入手できた人がすごく少なかったという話。

なんせ昨年、かみあぷ編集部4人体制で予約開始16:00ジャストから挑んで、発売日16日に対して20日以降に発送でしたからね。

Twitter上でも新色がほしくて予約したのに、発売日に手に入らないと悲痛の叫びが多く投稿されてたりしましたし、いやああれは酷かった。


じゃあ素直に発売日をずらすかと言えば、過去iPhone 4でホワイトがあとから発売された例もありますが、普通に考えれば全色同時発売は死守したいでしょうし、新色ならなおさらなのでいくら数が少なくても表向きは発売日をずらすことはないと思うんですよ。

そうなると、まさに昨年のジェットブラックと同様のことが、起こる可能性が十分にありえると…。

これが新色のみで済むことを祈るばかりですが、iPhone 8全モデル品薄で入手困難とかだけにはならないことだけを願います。

※昨日ハイエンドモデルはiPhone Xかとお伝えしていましたが、今までの呼称の便宜上、記事内では従来からのiPhone 8という名称を使用しています。

参考:9to5Mac

コメント数ランキング

ランキングの続きを見る


関連記事