iPhoneの容量節約にも! Safari経由で保存された各種データを消去する方法

更新日:

by ハンサムクロジ

どうもハンサムクロジです。

iPhoneを使い続けていくとだんだんと動作が重くなってきたり、特にSafariは突然落ちてしまうことがあったりもしますよね。

ということで今回は、そんな時に見直したい設定項目をご紹介します。

Safari経由で保存されたデータを消去してスッキリしちゃいましょう!!

1.閲覧履歴を消去

まず、Safariの閲覧履歴を消去してみましょう。設定アプリを開いて「Safari」を選択。「履歴を消去」という項目をタップすればオーケーです!

2.Cookieを消去

Cookieとは、サイトとそこにアクセスした端末に指定したデータを保存しておくというもの。ユーザーの情報が残るので、次に同じサイトにアクセスした時に、前回の続きのようにページを利用することができます。

これが余計な動きをすることもあるかもしれません。消したい場合は先ほどと同じように設定アプリの「Safari」に入り、「Cookieとデータを消去」を選択しましょう。

3.その他のデータも消去

さいごに、上記以外のデータも消去してしまいましょう。

先ほどまでと同じように設定アプリの「Safari」に入ったら、最下部の「詳細」を選択。「Webサイトデータ」をタップします。

すると保存されている各種データが表示されます。合計で9.7MBストレージを占有しているようです! 一番下までスクロールして「全Webサイトデータを削除」しましょう。

以上でいろいろとリセットした状態でSafariを使いはじめることができます。気になる人は見直してみてください!!

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事