記事内にアフィリエイト広告が含まれます

iOS17.1ベータ3でiPhone 15 Proのアクションボタン変更!ポケット内での誤作動を予防

iPhone
Apple

Appleは昨日、iOS17.1開発者向けベータ3をリリースしましたが、iPhone 15 Proモデルのアクションボタンに変更があり、話題になっています。

iOS17.1ベータ3でiPhone 15 Proのアクションボタンを変更

iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxには、iPhone14 Proモデルまで搭載されていたミュートスイッチに代わり、アクションボタンが搭載されており、ユーザーは、電話のミュート、懐中電灯の点灯、ボタンを押したときのショートカットなどを設定できます。

iOS17とiOS17.1ベータ2までは、ポケットの中でアクションボタンのすべての機能が誤作動し、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxのバッテリーが消耗し、不要な録音や画像が発生する可能性がありました。

MacRumorsによると、iOS 17.1ベータ3ではアクションボタンの機能が微調整され、iPhoneがポケットやバッグの中にある場合、アクションボタンを押してもカメラ、懐中電灯、音声メモ、フォーカス、拡大鏡の機能が作動しなくなったとのことです。

ミュート機能やショートカットなどをポケット内にあるときに使いたいときは、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxのアクションボタンを長押しすることでアクティブ化できるとのことです。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

LINEMO LINEMO
タイトルとURLをコピーしました