AppleがAirPodsに今後数年間で補聴など健康機能を搭載?ジャーナリストレポート

投稿日:

by kenji

Apple

以前、AppleのAirPods Proがプレミアム補聴器とほぼ同じ性能を発揮できることがレポートされましたが、AppleがAirPodsとAirPods Proに、将来的に健康機能を搭載するとジャーナリストからレポートがあり、話題になっています。

AppleがAirPodsに今後数年間で補聴など健康機能を搭載?

Apple Insiderによると、Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、最新のPower Onニュースレターで、AirPodsが将来搭載する可能性がある健康機能についてレポート。

ガーマン氏によると、Appleは、AirPodsラインを来年か2年以内に健康ツールになるようにアップグレードし、AirPodsを使用して何らかの聴覚データを取得する機能が含まれる場合があるとのことです。

ガーマン氏のレポートから推測できる健康機能として、聴覚データを取得して補聴機能を追加する可能性があります。

Appleは、アクセシビリティへの取り組みの一環として、AirPodsの中期的な目標として補聴器機能を強化していると噂されています。

Appleはすでにいくつかの聴覚の健康機能を提供しており、iPhoneから音声を拾ってユーザーの聴覚を強化するライブリスニングや、目の前で話している人の音量を上げ対面での会話を聞き取りやすくするAirPods ProのConversation Boostがあります。

以前、AirPods Proは食品医薬品局の補聴器の基準を完全には満たしていませんでしたが、補聴器の5つの基準(ANSI/CTA-2051電気音響規格)のうち4つを満たしていることが判明し、米国で1000ドルするプレミアム補聴器の代替品になる可能性があるとレポートされました

AppleはAirPodsに関する多くの特許出願しており、その中にはAirPodsでの生体認証、心拍数、体温、発汗などのモニタリング機能についてなどが含まれています。

今後どのような健康機能がAirPodsに搭載されるのか、注目が集まっています。

中古iPhoneの購入方法と知っておきたい8つの注意点

写真:Apple

関連記事