AppleのAirTagで雨水管に落ちた犬を追跡!1マイル離れた場所で発見される

投稿日:

by saki

San Bernardino County Fire/Facebook

AppleのAirTagは持ち物を見つけ出すために便利な道具ですが、雨水管に落ちた犬を追跡し発見するのに役に立ったことがレポートされ、話題になっています。

AppleのAirTagで雨水管に落ちた犬を1マイル離れた場所で発見

9to5Macによると、カルフォルニア州サンバーナディーノ郡消防署はFacebookで、犬を救助し無事飼主に届けた事件についてレポート。

サンバーナディーノ郡消防署によると、1歳のオーストラリアンシェパードのシーマスは、散歩中に飼い主から逃げた後、流れの速い雨水管に落ちました。

近くのRV施設(車中泊施設)の従業員は、近くの水路で犬が吠えるのを聞き、シーマスが水路を流れ落ちるのを目撃。

従業員は、シーマスを追跡し、水から出て近くの接続管へ入るのを目撃しており、救助隊へ伝えました。

シーマスが接続管をみつけ逃げ込み、流され続けるのを免れたことが分かった、サンバーナディーノ郡消防署の救助隊は捜索を継続。

シーマスには、AppleのAirTagと飼い犬に義務づけられている首輪のIDタグの両方が装着されていたため、両方で追跡。

救助隊員は1マイル近く離れた雨水管の中で、立ち往生しているシーマスを発見し、無事保護しました。

AppleのAirTagとIDタグの両方が装着されていたため、シーマスを追跡するのに役に立ったとサンバーナディーノ郡消防署は伝えています。

ウクライナ人Appleの「FindMy」機能を使用してAirPodsを盗んだロシア軍を追跡


関連記事