iOS16.2はバグが多い?海外のユーザーが不具合について多数報告

投稿日:

by kenji

Appleは、2022年9月にiOS16をリリースし、それ以降、バグ修正とセキュリティパッチのための複数のフォローアップアップデートをリリースしていますが、まだバグがあるようです。

海外のメディアが、iOS16.2にアップデートしたユーザーからバグによる不具合について多数報告があるとレポートし、話題になっています。

iOS16.2はバグが多いとユーザーから不具合について多数報告

オペレーティングシステムの最新のアップデートは、12月13日(日本時間12月14日)にリリースされたiOS16.2です。

iOS16.2では、新しいFreeformアプリ、iPhone14 Proの常時表示オプション、新しいロック画面ウィジェット、インドでの5Gサポートなどが導入されました。

フランスのウェブメディアのiPhoneSoftによると、多数のユーザーが、TwitterRedditAppleサポートで、iOS16.2のアップデートにより、多くのバグによるシステムの不具合が発生したことを報告しているとのことです。

具体的には、Spotlight検索の不具合、アプリにキーボードが表示されない、バッテリーの消耗が速すぎる、カメラアプリのフリーズ、フォーカスモードの問題、Apple Musicアプリの不具合、HomeKitアクセサリの不具合、CarPlayの不具合、AirDrop、Bluetoothの切断や大幅な速度低下などが挙げられています。

Redditでは、ユーザーは、アプリを開いた後にフリーズしたり、使用中に完全にクラッシュする不具合について報告しています。

iOS16.2の新機能のHomeアプリのアーキテクチャの再設計は、リリース後アクセサリが機能しないという問題がユーザーから報告されたため、Appleはアップデートを一時停止しています

iOS16は iPhone8以降のモデルがサポートされているため、不具合は特定のモデルにだけ発生しているのではなく、多数のモデルが影響を受けている可能性があります。

Appleが、iOS16.3をリリースする前にiOS16.2.1をリリースしてバグ修正することが期待されています。

iOS16.2の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考:iPhoneSoft

関連記事