Apple Watchが命を救う!睡眠中に19秒間心臓がとまる女性の異常を発見

投稿日:

by saki

Apple

Appleはヘルスケア分野に力を入れており、Apple Watchで様々な健康機能を提供しています。

Apple Watchによって命を救われたという報告が度々なされていますが、今回は心電図(ECG)アプリの心拍測定機能が、無症状の重度の心臓病の女性の命を救ったことがレポートされました。

Apple Watchにより睡眠中に19秒間心臓がとまる女性の異常を発見

iMoreによると、The Independentは、Apple Watchが、英国の女性の無症状の重度の心臓病を検知し、命を救ったことをレポート。

イングランド北東部のゲーツヘッドの59歳のエレイン・トンプソンさんは、2018年からてんかんの治療を受けていましたが、病院の検査では基礎疾患は見つかりませんでした。

Apple

娘であるアシュリーさんから、2022年初頭に心拍数モニターとしてApple Watchを着用するよう提案され、2022年11月からApple Watchを装着。

トンプソンさんは、Apple Watchの心電図(ECG)アプリの心拍測定機能により、心拍リズムが不規則であると警告されたため、病院を受診。

トンプソンさんが、医師からの指示で、心臓モニターを1週間したところ、睡眠中に19秒間心臓がとまる異常が発生。

医師は、トンプソンさんが房室ブロックであると診断し、翌日ペースメーカーを装着しました。

トンプソンさんは、何かがおかしいことに気づけたのは、Apple Watchのおかげだと考えています。

「警告がなかったら、医者に相談しなかったでしょう。今ではいつもApple Watchを身に着けています」とトンプソンさんは語っています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:iMore 写真:Apple

関連記事