14インチと16インチMacBook Proの発表は6月のWWDC2023?再遅延とサプライチェーンレポート

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、今年2023年第1四半期に14インチと16インチMacBook Proを発売するのではないかと予想されています。

サプライチェーンサイドから、14インチと16インチMacBook Proの発表の再遅延についてレポートがあり、話題になっています。

14インチと16インチMacBook Proの発表は再遅延で6月のWWDC2023?

Appleは2021年後半に現行モデルのM1 ProチップとM1 Maxチップを搭載したMacBook Proを発売。

2022年6月にM2チップが発表された後、秋にM2 ProチップとM2 Maxチップを搭載した14インチと16インチのMacBook Proが発表されるのではないかと噂されていましたが、2023年第1四半期に延期されたと伝えられました。

9to5Macによると、台湾のDigiTimesは、MacBook Proのアップデートは再び遅れた可能性が高いとレポート。

DigiTimesは、MacBook Proの再遅延後の発売時期を示していませんが、Appleの記事で著名なブルームバーグのマーク・ガーマン氏は、最新のPower Onニュースレターで、Appleは今年の上半期にラップトップをリリースする予定であると伝えています。

DigiTimesのレポートが正しい場合、M2 ProチップとM2 Maxチップを搭載した14インチと16インチの新型MacBook Proの発表はWWDC2023になる可能性があります。

新型MacBook Proに搭載されるM2 ProチップとM2 Maxチップには、TSMCの3nmチップが使用されるのではないかと予想されています

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事