2023年発売の14インチと16インチMacBook Proに搭載?TSMCが3nmチップ製造開始

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは、来年2023年第1四半期に14インチと16インチMacBook Proを発売するのではないかと予想されています。

新型MacBook Proに搭載されると噂されている3nmチップの製造が開始されるとのレポートがあり、話題になっています。

2023年発売の14インチと16インチMacBook Proに搭載と噂のTSMCの3nmチップ

DigiTimesのレポートによると、AppleシリコンチップのサプライヤーのTSMCは12月29日木曜日に次世代3nmプロセスチップの量産を開始するとのことです。

Appleは現在、 iPhone14 Proモデルの A16 BionicチップでTSMCの4nmチップを使用していますが、Appleは2022年末までにTSMCの3nmチップの使用を開始すると噂され、今後大量生産されるM2 ProチップとM2 Maxチップを3nmプロセスで製造すると予想されています。

2023年発売の14インチと16インチMacBook Proは、M2 ProチップとM2 Maxチップが搭載されると噂されており、TSMCの3nmチップが使用されるのではないかと予想されています。

M3チップとiPhone15 Proモデル用のA17 Bionicチップも3nmプロセスチップであると予想されており、電力効率とパフォーマンスが向上し、デバイスに強力なバッテリー寿命を提供する可能性があります。

iPhoneも年末大掃除! きれいな状態で使い続けるためのお手入れ方法まとめ

参考:DigiTimes 写真:Apple

関連記事