Apple独自のmicroLEDディスプレイ開発中!早ければ2024年発売のApple Watch Ultraに搭載か?

投稿日:

by kenji

Apple

Appleが独自の5Gモデムチップなどの開発を進めていると噂されていますが、Appleは自社のデバイスで使用するより多くの部品の開発を進めています。

Appleが独自のmicroLEDディスプレイを開発しているとレポートがあり、話題になっています。

Appleが独自のmicroLEDディスプレイ開発中で早ければ2024年発売のApple Watch Ultraに搭載

Cult of Macによると、ブルームバーグのマーク・ガーマン氏は最新の記事で、Appleが来年2024年から、ハイエンドのApple WatchモデルのOLEDディスプレイを独自のmicroLEDディスプレイに交換する予定であるとレポート。

AppleのハイエンドのApple Watchモデルは、現行モデルではApple Watch Ultraです。

現在Apple Watchには、SamsungかLG Displayから供給されたOLEDディスプレイが搭載されています。

ブルームバーグの情報筋によると、AppleのmicroLEDパネルは、より高い輝度レベル、より良い視野角、鮮やかな色を提供し、UIコンテンツがガラスの上に描かれているように感じられるとのことです。

AppleはmicroLEDディスプレイの技術を開発しますが、パネルの生産はサプライヤーの1社に委託する可能性が高いとのことです。

また、Appleは最終的に、iPhoneやその他のデバイスでも独自のmicroLEDパネルを使用する予定です。

昨日、Appleが独自の5Gモデムチップの開発だけでなく、Wi-FiとBluetoothチップの開発も進めていることがレポートされており、今後も自社のデバイスで使用するより多くの部品の開発を進めるもようです。

iPhoneの画面を「横向き」で固定する方法

参考:Cult of Mac 写真:Apple

関連記事