日本で利用できない6つのiOSの機能!Apple CardやApple Fitness+など

投稿日:

by saki

Apple

AppleのiPhoneでは、iOSバージョンのアップグレード時に多くの新機能が追加されてきました。

現在、iOSの機能の大部分は世界中で利用できますが、日本で利用できないiOSの主な機能を6つまとめてみました。

日本で利用できない6つのiOSの機能

日本で利用できないiOSの主な機能6つは、以下の通りです。

Apple Card

2019年に開始されたApple Cardは、米国でのみ利用でき日本では利用できません。

Apple

Apple Cardは、iPhoneのウォレットアプリで管理でき、非接触型決済を受け付けない店舗では物理的カードを使用できます。

カードには利子以外の手数料はなく、Daily Cashとして知られる最大3%のキャッシュバックが提供されています。

Apple Cash

Apple Cashは米国でのみ利用でき日本では利用できません。

Apple Cashは、米国のiPhoneユーザーがウォレットアプリとメッセージアプリで送金、請求、受け取りを行うことができます。

ユーザーは、接続された銀行口座にApple Cashの残高を送金できます。

ウォレットアプリのID

2022年初頭から、Appleは、参加している米国の州の居住者が運転免許証または州のIDをiPhoneとApple Watchのウォレットアプリに追加できる機能の搭載を開始し、身元や年齢の証明を表示できるようになりました。

この機能にはiOS15.4とwatchOS8.4以降が必要で、現在アリゾナ、コロラド、メリーランドでのみ利用できます。

先月AppleのCEOティム・クック氏が来日し、岸田首相と会談した時に、マイナンバーをiPhoneに搭載できるように要望があったとレポートされ、話題になりました。

高度なセキュリティ機能

先月Appleは、クラウド内のユーザーデータに対する脅威からの保護に重点を置いた3つの高度なセキュリティ機能導入を発表

そのうち、高度なデータ保護(Advanced Data Protection for iCloud)機能は、先月米国で先行して導入されました。

この機能を有効にすると、iCloudバックアップ、写真、メモ、リマインダー、ボイスメモなど、iCloudの多くの追加領域にエンドツーエンドの暗号化が拡張されます。

Appleによると、iPhoneでは、この機能はiOS16.2で米国のユーザー向けにのみ導入され、2023年初頭に「その他の国」への展開を開始する予定とのことで、現在は日本では利用できませんが、今後利用できるようになります。

クリーンエネルギー充電

AppleはiOS16.1で、グリッドがよりクリーンなエネルギー源を使用しているときに充電時間を最適化することにより、iPhoneの二酸化炭素排出量を削減することを目的としたクリーンエネルギー充電機能を導入。

この機能をオンにすると、iPhoneは低炭素排出電力が利用可能なときに充電を行います。

クリーン エネルギー充電は、米国でのみ利用可能で日本では利用できません。

Apple Fitness+

iOS16ではフィットネスアプリがApple Watchを必要とせずにiPhoneに標準搭載されました。

Apple

Appleは、iPhoneユーザーは「iOS16.1では、Fitness+はフィットネスアプリと完全に統合され、中央のタブに配置され、サービスが提供されている21か国すべてで利用できる」と伝えました

現在Apple Fitness+が利用できる国は、オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、アイルランド、イタリア、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、UAE、英国、米国の21カ国で、日本では利用できません。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事