2024年発売の次世代Apple Watch Ultraは大型マイクロLEDディスプレイ搭載?アナリストレポート

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは昨年2022年9月に、初めてのエクストリームスポーツ向けApple Watch Ultraを発売したばかりですが、アップグレードした次世代モデルが開発中であると技術アナリストからレポートがあり、話題になっています。

2024年発売の次世代Apple Watch Ultraは大型マイクロLEDディスプレイ搭載?

9to5Macによると、香港の投資会社Haitong International Securitiesのアナリストのジェフ・プー氏は、サプライ チェーンの情報源に基づく最新の調査ノートで、次世代Apple Watch Ultraのディスプレイについてレポート。

プー氏によると、2024年に発売されるApple Watch Ultraは、OLEDの代わりにマイクロLEDパネルを採用する可能性が高いとのことです。

マイクロLEDはOLEDの次の技術で、より高い輝度レベルとより高い色精度を実現できます。

2024年発売のApple Watch Ultraのディスプレイサイズは、現行モデルの1.93インチから2.1インチへ大きくなるという情報もプー氏は聞いているとのことです。

時計全体を大きくすることなく、ベゼルを減らすことでディスプレイサイズを大きくする可能性もあります。

プー氏は、大幅な仕様のアップグレードがないため、2023年のApple Watchの売上は減少すると予想しています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事