iPhone15 Proモデルはチタンフレーム?ソリッドステートボタンでRAM増加?アナリスト予想

投稿日:

by kenji

AppleTrack/YouTube

Appleは今年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、技術アナリストがiPhone15 Proモデルで大幅なアップグレードを予想し、話題になっています。

iPhone15 Proモデルはチタンフレーム?ソリッドステートボタンでRAM増加?

MacRumorsによると、香港の投資会社Haitong International Securitiesのアナリストのジェフ・プー氏は、調査ノートで、iPhone15シリーズの最新予想をレポート。

プー氏によると、iPhone15 Proモデルはチタンフレームで、追加された2つのTaptic Engineからの触覚フィードバックによる、ソリッドステートのボリュームと電源ボタンを搭載していると予想。

もしiPhone15 Proモデルでチタンフレームが採用されると、初めてチタンフレームが採用されるiPhoneになります。

iPhone14 Proモデルの6GBから増加し、iPhone15 Proモデルには8GBのRAMが搭載されると、プー氏は予想しています。

プー氏も、今までアナリストやリーカーたちが噂してきたように、iPhone15 ProモデルはTSMCの3nmプロセスで製造された最新のA17 Bionicチップが搭載され、iPhone15 ProMaxの望遠レンズには、光学ズームを拡大するためのペリスコープレンズが搭載されると伝えています。

プー氏は、Apple製品の販売の勢いが弱くなったと考えており、2023年はiPhone、Mac、Apple Watch、AirPodsの出荷台数が前年比で減少すると予想しています。

「IPX7」のIPXって何?防水規格について詳しく解説するぞ

参考:MacRumors 写真:AppleTrack/YouTube

関連記事