iPhone15 ProモデルはA17チップによりバッテリー寿命が伸びる?消費電力が減少

投稿日:

by kenji

AppleTrack/YouTube

Appleは来年2023年9月にiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、iPhone15 Proモデルに搭載されるA17チップについて、バッテリー寿命の改善に重点を置いている可能性があることがレポートされ、話題になっています。

iPhone15 ProモデルはA17チップによりバッテリー寿命が伸びる?

来年2023年に発売されるiPhone15 ProモデルのA17チップと、14インチと16インチのMacBook Proなどに搭載されるM2 ProチップとM2 Maxチップは、TSMCの3nmプロセスで製造されると噂されています。

Appleは、iPhone14 Proモデルに4nmプロセスで製造されたA16チップを搭載していますが、TSMCによると、4nmプロセスは5nmチップの拡張バージョンだとのことです。

ブルームバーグによると、TSMCは、3nmプロセスは5nmチップよりも優れたパフォーマンスを提供する一方で、必要な電力は約35%少ないと伝え、電力効率が向上することが判明。

iPhone15 Proモデルに搭載されるA17 Bionicチップは3nmプロセスで製造されることにより、電力効率とパフォーマンスが向上し、バッテリー寿命が大幅に伸びる可能性があります。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:Bloomberg 写真:AppleTrack/YouTube

関連記事