Apple macOS13.1リリース!目的はフリーボードなどの新機能追加とバグ修正

投稿日:

by kenji

Apple

macOS13.0.1がリリースされてから約1か月、Appleは本日、すべてのユーザーにmacOS13.1をリリースしました。

Apple macOS13.1リリース

Appleは、10月にリリースされたmacOS13のマイナーアップデートであるmacOS13.0.1をリリース後約1か月で、macOS13.1をリリースしました。

新機能

macOS13.1では、以下の新機能が追加されました。

macOS13.1では、Appleが創造的なコラボレーションのために設計したFreeformアプリが導入されました。

「フリーボード」は、ブレインストーミング、アイデアの計画、メモの書き留めなどに使用でき、ユーザーは、空白のキャンバスとして機能するフリーフォームを使用して、描画、付箋、図形、テキスト ボックス、写真、ビデオ、PDF、リンク、およびその他のドキュメントを挿入できます。

「フリーボード」を他の人と共有したり、 FaceTimeで議論することもでき、すべての参加者からの更新がリアルタイムで全員に同期されます。

macOS13.1では、iOS16.2、iPadOS16.2同様、スマートホームデバイスのパフォーマンスを向上させる更新されたホームアプリアーキテクチャも導入されました。

修正点

Appleによると、以下のバグなどの修正が行われました。

このアップデートには、次の改善とバグ修正も含まれています。
– メッセージの改善された検索により、犬、車、人、またはテキストなどのコンテンツに基づいて写真を検索できます
– メモの参加者カーソルを使用すると、他の人が作成したライブ インジケーターを表示できます共有メモの更新
– 「探す」アプリの再生音で、近くの AirTags、AirPods Pro (第 2 世代) ケース、および「探す」ネットワーク アクセサリの場所を特定できるようになりました
– 一部のメモが後で iCloud と同期されない問題を修正します更新が行われます
– 一部のアプリやゲームでキーボードとマウスの入力が失われる可能性がある問題を修正します

修正後の不具合やアップデートの感想については、後ほど追加記事をリリースします。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事