USB-C搭載iPhone15 Proモデルはデータ転送速度が高速化!アナリストレポート

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは来年2023年9月にUSB-Cポートを搭載したiPhone15シリーズを発売すると予想されていますが、アナリストから、iPhone15 Proモデルはデータ転送速度が大幅に高速化されるとレポートがあり、話題になっています。

USB-C搭載iPhone15 Proモデルはデータ転送速度が高速化

9to5Macによると、Appleの著名なアナリストのミンチー・クオ氏はTwitterで、USB-Cポートを搭載したiPhone15シリーズのデータ転送速度についてレポート。

クオ氏の最新のサプライ チェーン調査によると、2023年に発売されるiPhone15シリーズのiPhone15、iPhone15 Plus、iPhone15 Pro、iPhone15 ProMaxの4モデルすべてがLightningポートからUSB-Cポートに切り替わるとのことです。

クオ氏によると、iPhone15とiPhone15 Plusは、Lightningポートと同じUSB2.0の転送速度を維持し、データ転送速度は480Mbpsに制限されるとのことです。

これに対し、クオ氏は、iPhone15 Pro、iPhone15 ProMaxのデータ転送速度は大幅に高速化し、少なくともUSB-C3.2またはThunderbolt3のデータ転送速度を備えていると伝えています。

クオ氏のレポートが正確であるとすると、iPhone15 ProとiPhone15 ProMaxのデータ転送速度はUSB-C3.2の20Gbpsや、Thunderbolt3の40Gbpsまで、高速化されることになります。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:9to5Mac 写真:Apple

関連記事