macOS13不具合発生!Microsoft Exchangeのカレンダーおよびリマインダーと同期できないと苦情

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは先週、すべてのユーザーへmacOS13をリリース。

macOS13へアップグレードした一部のユーザーから、Microsoft Exchangeのカレンダーおよびリマインダーと同期しない不具合について報告があり、話題になっています。

macOS13でMicrosoft Exchangeのカレンダーおよびリマインダーと同期しない不具合が発生

MacRumorsによると、macOS13へアップグレードした一部のユーザーから、Microsoft Exchangeのカレンダーおよびリマインダーと同期しない不具合について、MacRumorsフォーラムAppleサポートフォーラムで報告があったとのことです。

MacRumorsフォーラムのユーザーからの報告の一部は、以下の通りです。

Venturaへのアップデート以降、iMacとMacBookでも同じ問題が発生しています。Exchangeカレンダーとの同期が非常に間違っています。Montereyで問題が発生したことはありません!

ユーザーからの報告によると、macOS13へアップグレード後、Microsoft Exchangeのカレンダーが Appleの標準カレンダーアプリと同期すると、イベントの日時が正しく同期されない、イベントの招待状が届かない、リマインダーが同期されないなど、複数の不具合が発生しているとのことです。

MacRumorsは、macOS12を実行しているユーザーからは同様の問題が報告されていないため、少なくとも現時点では、macOS13のバグのようだと伝えています。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事