iOS16.2、iPadOS16.2、macOS13.1ベータ1でFreeformアプリ導入!日本では「フリーボード」

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは先週、開発者とパブリックソフトウェアテストプログラムのメンバーに、iOS16.2、iPadOS16.2、macOS13.1ベータ1をリリース。

iOS16.2、iPadOS16.2、macOS13.1ベータ1では、6月のWWDC2022で発表されたFreeformアプリが導入されました。

iOS16.2、iPadOS16.2、macOS13.1ベータ1でFreeformアプリ導入

Appleは、iOS16.2、iPadOS16.2、macOS13.1ベータ1でFreeformアプリを導入しましたが、日本では、iOS16、iPadOS16、macOS13のウェブサイトで「フリーボード」として紹介されています。

Appleによると、iPadOS16の「フリーボード」の説明は、以下の通りです。

  • 共同作業の仲間と一緒にアイデアを形にできる場所です。Apple Pencilを使ってスケッチしたり、メモを書きとめたり。ファイルを共有することも、ウェブリンク、書類、ビデオ、オーます。
  • 仲間を招待してリンクを共有すれば、すぐに共同作業を始められます。仲間の一人がアイデアを加えると、キャンバス上にます。

Appleのリリースノートによると、iOS16.2、iPadOS16.2、macOS13.1ベータ1のFreeformでは、いくつかのバグがあるとのことです。

  • オフラインの場合、またはフリーフォームで iCloud データが無効になっている場合は、ボードを削除できません。
  • 共有設定を変更しようとすると、コラボレーターの追加または削除に失敗する場合があります。

パブリックベータ版のテストへの参加はAppleデバイスのすべてのユーザーが可能ですが、未完成のソフトウェアであり、バグなどによりデバイスが機能しなくなる可能性があります。

パブリックベータ版をインストールする前にファイルのバックアップを取ることをおすすめします。

【Amazonの裏技】検索で「アレ」を追加すると、信頼度が一気に上がる

参考:9to5Mac 写真: Apple

関連記事