Appleが2022年モデルiPad ProでGSM/EDGE方式での通信サポートを廃止!

投稿日:

by kenji

Apple

Appleは10月19日に、M2チップを搭載した11インチと12.9インチの新型iPad Proを発表しましたが、GSM/EDGE方式での通信サポートを廃止したことが判明しました。

Appleが2022年モデルのiPad ProでGSM/EDGE方式での通信サポートを廃止!

MacRumorsによると、M2チップを搭載した11インチと12.9インチの新型iPad ProのWi-Fi+Cellularモデルには、GSM/EDGE方式での通信サポートが含まれていないとのことです。

EDGE方式は、2003年にGSMネットワークに導入され、最大384kbpsのデータ転送速度を提供するセルラー技術で、2Gと当時開発が始まっていた3Gの間の架け橋と考えられていました。

多くの通信事業者はすでにGSM/EDGEネットワークを閉鎖しているか、まもなく閉鎖する予定です。

M2チップを搭載した11インチと12.9インチの新型iPad ProのWi-Fi+Cellularモデルは、5G、ギガビットLTE、GPS/GNSSをサポートしています。

11インチと12.9インチの新型iPad Proの価格は、11インチiPad Proが124,800円~、12.9インチiPad Proが172,800円~で、予約注文が可能で発売日は10月26日です。

海外でiPhoneは充電できるのか?変圧器が必要なケースを紹介

参考:MacRumors 写真:Apple

関連記事