iPhone14 ProMaxの分解動画が話題!背面ガラスの修理が難しく費用が高額に

投稿日:

by kenji

iFixit/YouTube

標準モデルのiPhone14は内部再設計により、背面ガラスの交換修理が簡単にできることが判明しています。

分解動画により、iPhone14 ProMaxは、前モデルのiPhone13 ProMax同様、背面ガラスの交換が難しく修理費用が高額になることが判明し、話題になっています。

iPhone14 ProMaxの分解動画で背面ガラスの修理が難しく費用が高額であることが判明

Cult of Macによると、iPhone14 ProMaxの分解動画を公開したのは、修理専門サイト運営の「iFixit」。

以前、「iFixit」が公開した標準モデルのiPhone14の分解動画により、背面ガラスがロジックボードと分離して取り外せるようになったため、修理費が大幅に安くなることが判明しています。

分解動画により、iPhone14 ProMaxはiPhone13 ProMaxとほぼ同様の内部設計であることが分かり、背面ガラスがロジックボードと結合し分離できないことが判明しました。

そのため、標準モデルのiPhone14の背面ガラスの修理は「背面ガラスの損傷」として、見積金額は25,900円ですが、iPhone14 ProMaxでは「その他の損傷」として107,800円かかることが判明しました。

iFixit」は、AppleがiPhone14で内部再設計をしたにもかかわらず、iPhone14 ProMaxではiPhone13 ProMaxの内部設計を維持した理由として、2つの異なるチームがiPhone14シリーズを設計したのではないかと推測しています。

iPhoneで1番困ったトラブルはこれ!Googleで最も検索されたキーワードトップ10

参考:Cult of Mac 写真:iFixit/YouTube

関連記事