2024年発売のOLEDディスプレイ搭載iPad Proは軽量化?サプライチェーンレポート

投稿日:

by kenji

Apple

AppleがiPad proにOLED(有機EL)ディスプレイを搭載するのではないかとここ数年噂されてきましたが、先日アナリストが2024年になると予想をレポート。

OLEDディスプレイ搭載iPad Proの詳細について、サプライチェーンサイドからレポートがあり、話題になっています。

2024年発売のOLEDディスプレイ搭載iPad Proは軽量化?

iPhoneSoftによると、韓国のサプライチェーンサイドの情報としてIT Newsは、2024年に発売される11インチのiPad Proと12.9インチのiPad Proは、待望のOLEDスクリーンの導入により軽量化されるとレポート。

IT Newsによると、OLEDは薄くても、標準のLEDやLCD画面よりも豊かな色と深い黒を提供するLGの最も人気のあるテレビに見られるように、ピクセルごとの照明のおかげで「比類のない画質」を提供できるとのことです。

IT Newsは、Appleは、現在開発中のOLEDディスプレイのプロトタイプについて、LGとSamsungの両方と提携していると伝えています。

iPhoneSoftは、現行モデルのwi-fiモデルのiPad Proの重量は、11インチモデルで466グラム、12.9インチモデルで682グラムですが、ディスプレイが軽量化されても、噂のガラスを通したワイヤレス充電パックのために全体で重くなる可能性があると伝えています。

暑い夏にiPhoneでやってはいけない3つのこと!バッテリーの寿命が短くなることも

参考:IT News via iPhoneSoft 写真:Apple

関連記事