iPhone14のA16チップ製造方法判明!iPhone13のA15チップと同じ5nmプロセス?リーク情報

投稿日:

by kenji

FRONT PAGE TECH/YouTube

Appleは今年2022年9月頃に、iPhone14シリーズを発売すると予想されています。

iPhone14シリーズに搭載されるA15チップとA16チップの製造方法について、リーク情報が流れ、話題になっています。

iPhone14のA16チップ製造方法判明

iPhone14のA16チップ製造方法についてリーク情報を共有したのは、Appleの著名なリーカーShrimpApplePro氏。

現在TSMCは、A14、A15、M1チップなどのアップルのすべてのシステムオンチップ(SoC)を製造しています。

ShrimpApplePro氏によると、かなり信頼できる情報源がTSMCの今後の生産計画を伝え、A16は、A14、A15、およびM1チップと同様に、TSMCの5nmプロセスに基づいて生産されるとのことです。

ShrimpApplePro氏と著名なアナリストのミンチー・クオ氏によると、A16チップのパフォーマンスの向上は電話のメモリからもたらされ、iPhone14がLPDDR5メモリを搭載し、現在iPhone13に使用されているLPDDR4メモリチップよりも最大1.5倍高速で電力効率が30%向上します。

iPhone14シリーズは4モデルが製造されると噂されており、標準モデルのiPhone14とiPhone14 MaxにA15チップ、iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxにA16チップが搭載されると予想されています。

ShrimpApplePro氏によると、M1SoCファミリの最後のバリエーションの1つに取り組んでいるとのことですが、どのMacに搭載されるのかは不明です。

MacObserverは、このリーク情報が本当の場合、A16チップは私たちが思っていたよりも実質的なアップグレードではないかもしれないと伝えています。

Apple Watchでビデオ通話ができるバンドがコチラ!カメラ内蔵で8GBのストレージ


関連記事