Apple Thunderbolt 4 Proケーブル分解動画が話題!なぜ1万4800円もするのか理由が判明

投稿日:

by kenji

ChargerLAB/YouTube

AppleはMac StudioとStudio Displayの発表と同時期に、最大40Gb/sのデータ転送と最大100Wの充電が可能な新しいThunderbolt 4 Proケーブルを発表。

1万4800円という高価格で話題になりましたが、Thunderbolt 4 Proケーブルの分解動画が公開され、なぜ高価なのかその理由が判明しました。

Thunderbolt 4 Proケーブルの分解動画で1万4800円もする理由が判明

Thunderbolt 4 Proケーブルの分解動画を公開したのはYouTubeチャンネル「ChargerLAB」。

ChargerLABは、AppleのThunderbolt 4 Proケーブルの詳細をYouTubeビデオで公開しました。

3メートルバージョンはまだ発売前なので、1.8メートルバージョンのThunderbolt 4 Proケーブルを分解。

ケーブルは防水性と防塵性のある織物層で保護されており、その中にシールド用の薄いホイル層を備えた熱可塑性エラストマー材料(TPE)に包まれた19本のワイヤがあります。

19本のワイヤーのほとんどが銀と純銅でメッキされ、電源に使用される5本の錫メッキ銅線やUSB 2.0伝送に使用される2本の白いプラスチックで覆われたワイヤーもあります。

硬い黒いプラスチックと真ちゅう製のスリーブで保護されているコネクタの内側には、Thunderbolt接続を管理し、信号ジッターを低減する信号再構成器として機能するIntelチップが搭載されており、各コネクタには24個のピンがあり、すべて金メッキされています。

ChargerLABは、AppleのThunderbolt 4 Proケーブルは、信号伝送を安定させるIntelチップを搭載し、耐久性が高く、干渉を受けにくいプレミアム素材で非常によく構築されていると説明しています。

海外でiPhoneを充電!世界140カ国以上で使用可能な充電アダプタがコチラ

参考:YouTube via 9to5Mac 写真:YouTube

関連記事