Apple StoreでiPhoneの修理を拒否!盗難や紛失登録されたデバイス

投稿日:

by kenji

MacRumors

今までApple Storeでユーザーがサービス対象のデバイスを持ち込んだときは、すべて修理してもらえました。

ところが、今後は盗難や紛失登録されたデバイスに対しては、Apple Storeで修理を拒否するとのことです。

Apple Store盗難や紛失登録されたiPhoneの修理を拒否

GSMAデバイスレジストリは、デバイスの紛失や盗難を、ユーザーが報告できるグローバルデータベースです。

GSMA Device Registry 

MacRumorsが入手したAppleの内部メモによると、 GSMAデバイスレジストリでiPhoneの紛失や盗難が報告されている場合、MobileGeniusまたはGSXシステムで確認すると、Apple StoreおよびApple認定サービスプロバイダーに警告が表示されます。

この場合、Appleの技術者は修理を拒否するように指示されるとのことです。

現在、紛失や盗難されたデバイスは、ユーザーが「iPhoneを探す」を有効にしている場合には、Apple StoreおよびApple認定サービスプロバイダーで修理が行えません。

それをさらに一歩進めて、Appleでは、「iPhoneを探す」を有効にしたことがない紛失・盗難されたiPhoneを修理しないことにしたもようです。

参考・写真:MacRumors

関連記事