watchOS8.5で不具合発生!Apple Watchで急速充電できないと苦情

投稿日:

by kenji

9to5Mac

Appleは先週3月15日に、Apple Watch用のwatchOS8.5をすべてのユーザーにリリースしました。

watchOS8.5にアップデートしたユーザーから、急速充電できないという苦情が発生しているもようです。

watchOS8.5で急速充電できない不具合発生

Apple Watchシリーズ7では急速充電がサポートされ、Appleによれば、Apple Watchシリーズ7のバッテリーレベルは約45分で最大80%になる可能性があります。

ところが、 AppleサポートフォーラムRedditには、watchOS8.5にアップデートしてからApple Watchシリーズ7で急速充電できなくなったユーザーから、多数の報告がありました。

Apple Watch7をWhatchOS8.5にアップデートした後、BelkinBoostChargePROでの急速充電が停止しました。以前は非常に速く充電されていましたが、現在は非常に非常に遅いです(1時間で約5%)。この問題を解決する方法について何か考えはありますか?Appleサポートフォーラム

9to5Macによると、当初はApple Watchシリーズ7とサードパーティ製の急速充電器だけの問題だと思われていましたが、実際にはすべての高速充電を利用するユーザーに影響しているとのことです。

8.5にアップデートしてから、私のシリーズ6は一晩で約49%までしか充電されません。電源を切って再起動してみました。立ち入り禁止。アップデートが来ることを願っています。非常にイライラします。Reddit

多くのユーザーが高速充電できない不具合の原因は、WhatchOS8.5にあると感じているようです。

iOS15.4の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

参考・写真:9to5Mac

関連記事