M1Ultra Mac StudioはM1Maxバージョンよりも重い?Appleが理由を説明

投稿日:

by kenji

Appleは2022年最初の春のイベント「Peek Performance」で、新しいラインナップとしてMac Studioを発売しました。

Mac Studioには2つのバージョンがあり、重さの違いについてAppleが理由を説明したことが話題になっています。

M1Ultra Mac StudioはM1Maxバージョンよりも重い?

Mac Studioには、M1UltraチップとM1Maxチップを搭載した2つのバージョンがあります。

Mac Studioの仕様を確認すると、M1UltraチップバージョンはM1Maxバージョンよりも約900グラム重いことが分かりました。

Apple

The Vergeへの電子メールで、Appleは重さの違いは、M1Ultraがより大きな銅製サーマルモジュールを備えているのに対し、M1Maxはアルミニウム製ヒートシンクを備えているためだと回答したそうです。

The Vergeによると、銅は1立方センチメートルあたり8.96gで、アルミニウムは2.70グラムなので、ヒートシンクの設計がまったく同じである場合、銅製のバージョンはアルミニウム製のバージョンより3倍以上重くなるとのことです。

9to5Macによると、Appleは、2つのM1Maxチップを並べて配置したM1Ultraを使用すると、より多くの熱が発生することを知っているため、銅製の高性能のヒートシンクを搭載したのだろうと推測しています。

M1Ultraには20コアのCPUが搭載されており、16個の高性能コアと4個の高効率コアが搭載されています。

32コアのニューラルエンジンを使用すると、毎秒22兆回の操作が可能になり、64コアのGPUを使用すると、2020年に導入されたM1チップよりも8倍高速なGPUになっているとのことです。

Apple M1Ultraチップの性能は?Mac Studioに史上初めて搭載

参考:The Verge via 9to5Mac 写真:Apple

関連記事