Apple iCloudサーバーを修正!多発するアプリが同期できないトラブル解決のため

投稿日:

by saki

先日カミアプではiCloudサーバーが原因でサードパーティのアプリが同期できないトラブルが多発していることをお伝えしました。

現在AppleはiCloudサーバーを修正したことを、アプリ開発者へ順次連絡しているもようです。

AppleがiCloudサーバーを修正

iCloudサーバーが原因でサードパーティのアプリが同期できないトラブルが多発しており、2021年11月から2か月以上続いていたことから、アプリ開発者から非難の声が多数上がっていました。

iCloudサーバーが原因でアプリが同期できないトラブルが発生すると、リクエストがHTTPステータスコード503で失敗しました」というエラーメッセージが表示され、「サービスを利用できません」と表示され、アプリ側での修正では対応できない状態が続いていました。

そんな中、AppleはとうとうiCloudサーバー側のバグ修正を行ったようです。

アプリYarnBuddyの開発者であるBecky Hansmeyerは1月26日に、AppleがiCloud同期の問題を修正したとの「非常に親切で詳細な回答」を受け取ったとツイート。

彼女以外にもAppleから連絡をうけたアプリ開発者もいるとのことです。

まだ一部の開発者は、iCloudで散発的な問題発生しているとしており、これは昨日から続くicloudの停止の影響ではないかとのことです。


関連記事