iPhoneでビールを飲むアプリiBeerで1日2万ドル稼いだ開発者

投稿日:

by saki

App Storeの黎明期のサクセスストーリーの1つHottrixの創設者であるスティーブシェラトン。

彼はiPhoneでビールを飲むアプリiBeerで1日2万ドル稼いだこともあるそうです。

iBeerはYouTubeから始まった

2007年にシェラトンは、自分のiPhoneでビールを飲んでいる自分の動画をYouTubeにアップロードしたところ、動画の再生回数が爆発的に伸びました。

「人々は私にこの「もの」を自分の携帯電話に載せるように頼んでいました。彼らはまだアプリという言葉さえ持っていませんでした」とシェラトンは語ります。

シェラトンはiPhone用に作成したビデオをダウンロードできるデータに変換し、2.99ドルで販売。

ビールのビデオのファイルを販売するだけで、1日あたり約2000ドルを稼いでいたそうです。

アプリiBeerの開発と販売

30代後半のシェラトンに、App Storeを一般に発表する前のAppleから、アプリiBeerの開発依頼の連絡がありました。

シェラトンはループしたビデオと画像シーケンスからアセットを作成し、iPhoneの加速度計を使用してアプリを作成しました。

YouTube

Appleは2008年7月10日iPhone 3G発売とともにApp Storeのサービスを開始。

iBeerは2.99ドルで販売され約1年間はダウンロード数は1位で、多い時で1日1万ドルから2万ドルを稼いだそうです。

また、Hottrixは「iPint」と呼ばれるほぼ同一のアプリをリリースしたクアーズを訴え1250万ドルを賠償金として受け取りました。

アプリiBeerが売れなくなった

シェラトンは、非常に多くのお金をすぐに稼ぐことが災害の元凶であったことを認めています。

高価なアパートを月額6000ドルで借りるだけでなく、シェラトンはそれらを埋めるために骨董品に多額の現金をつぎ込みました。

iBeerの目新しさがなくなり、人々がそれを買うのをやめるのは時間の問題でした。

2010年までに、iBeerはApp Storeで最もダウンロードされたチャートから消え、シェラトンは最終的にHottrixから離れ、アプリの権利を放棄しました。

シェラトンは現在、スペインの農場で静かに生活を送っています。

iBeerはまだAppStoreからダウンロードできます

今では無料ですが、広告を削除したり、追加の飲み物のロックを解除したりするためにApp内課金があります。

参考:9to5MacCult of Mac

関連記事