iOS15.3RCで「Safari」の個人情報が盗まれるおそれのあるバグを修正

投稿日:

by saki

AppleはiOS15.3RCとmacOS Monterey12.2RCで、個人情報が盗まれる恐れのある「Safari」重大なバグを修正。

「Safari」の重大なバグにより個人情報が盗まれる恐れがあることが、ブラウザフィンガープリントサービスを提供するFingerprintJSから指摘されていました。

iOS15.3RCで「Safari」のバグを修正

iOS15.2.1で指摘されていた「Safari」のバグは、「Safari」の脆弱性を利用して、悪意あるWebサイトがIndexedDB(データの保存に使用されるJavascript API)からユーザーが最近アクセスしたURLや、ユーザーのGoogleIDなど個人データを取得できるというものでした。

Apple

iOS15.3RCでは「Safari」のバグが修正されたとのことです。

iOS 15.3RCおよびmacOS12.2 RCに更新されたデバイスで検証すると、Webサイトにデータが表示されず、Googleアカウントにログインされないとのことで、「Safari」のバグが修正されたことが確認できるとのことです。

iOS 15.3の一般ユーザー向けのリリースは来週と予想されています。


関連記事