Apple Watchの心電図アプリを使う方法を解説します

更新日:

by しんや

先日、日本でもいよいよApple Watchの心電図アプリが近日中に解禁されることが発表されました。

今日は一足先に、Apple Watchの心電図アプリの使い方を解説するので、興味のある方はぜひ予習しておいてください。

Apple Watchの心電図アプリを使い方

まずは、Apple Watch上で心電図アプリを確認しましょう。

上のアイコンが心電図アプリのアイコンです。タップして起動しましょう。

初回起動時にはお知らせなどのメッセージが入るかもしれませんが、基本的には下の写真の画面から始まります。

「指をデジタルクラウンに当ててください。」というメッセージが確認できたら準備OKです。

下の写真のように「デジタルクラウン」に指を軽く触れさせ、あとは30秒間動かずに計測を続けましょう。

腕は机の上に置くなど、安定させながら計測することをおすすめします。

計測が終わると、以下のような結果画面が表示されます。

このケースだと心房細動の兆候は見られないと書かれているので一安心です。

計測結果は自動的にiPhoneと同期

また、計測結果は自動的にiPhoneと同期されます。

iPhoneではより詳細な結果を確認したり、PDFへの書き出しが行えるため、医師とのデータ共有も可能です。

ただし、あくまでも「心房細動の兆候」を調べているだけで、「心臓発作の兆候」を調べているわけではない点に注意です。

それでも、一つでもリスクを事前に減らせるのなら、定期的に計測しておいて損はないでしょう。

Apple Watchの新機能をぜひ皆さんも活用してみてください。心電図の計測機能は1月の末から2月の頭の間のどこかで解禁される予定です。

楽天モバイル無料キャンペーンが3ヶ月に

 上限に達するまえに、急げ!

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事