iPhoneで既読をつけずにLINEのメッセージを確認する方法3種類

投稿日:

by しんや

ほぼ全てのスマホユーザーが持っているLINEアプリですが、中身を確認すると「既読」マークがつき相手も確認することができます。

そのため、中には既読をつけるとすぐに返信しないと「無視してる」と感じる人もいるようでメッセージを確認することが億劫になる人もいるようです。

既読をつけずにトーク内容をチェックする方法まとめ

そこで、今回は既読をつけずにLINEでトークの内容を確認する3つの方法をご紹介します。

それぞれ場合によって使い分けができるので、気になっていた人はぜひ3種類すべてチェックしてみてください。

1. トークリストから長押し

まず、もっとも簡単で、もっとも汎用性が高い方法がこの「長押し」です。

トークリストが並んでいる画面で、確認したいトークを長押ししてください。

すると、トークを「覗き見」することができるので、写真やメッセージ、スタンプが確認できます。

問題点は、覗き見できる範囲に限りがあるので大量のメッセージが送られてきた場合に確認することができません。

2. ネットを切って確認

覗き見と違って、全てのメッセージを確認する方法はやはり普通にトークを開くことです。

ただし、事前にネットワークを遮断してから確認すると当然相手には既読の通知が行きません。

Wi-Fiとキャリア通信がオフになっていることを確認してください。

これであとは、トークの中身を安心して読むことができますね。

この方法にも問題があって、当然ネットワークが復旧すれば相手にも既読の通知がいくことです。

3. 通知で確認

最後は、通知画面で確認する方法です。単純にメッセージは通知から全て確認できますが、やはり気になるのは画像ですね。

通知のあの小さな画面で画像を確認するのは難しいでしょう。

しかし、iPhoneには通知画面から画像を大きく確認することができる方法も用意されています!

まず、通知画面の中から、気になる画像を左へスワイプします。

そして「表示」をタップすれば画像が大きく拡大され、中身を確認することができます。

まとめ

いかがでしたか。今回紹介した3種類の方法はどれもそれぞれ問題点がありましたが、3種類を組み合わせれば多くの場面で対処できるようになりました。

既読を相手に通知したくない時のためにぜひ覚えておいてください。

Amazonミュージックハイレゾ聴き放題3ヶ月無料

 まもなく終了、今だけキャンペーン

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事