iPhoneのデフォルトブラウザを変更する方法|まずChromeに設定してみよう

投稿日:

by kenji

デフォルトブラウザであるSafariからサードパーティーのブラウザに変更することが可能です。

もちろんChromeであっても変更可能ですよ。

と言う訳で、今回はデフォルトブラウザの変更方法をご紹介します!

デフォルトブラウザをSafariから変更

デフォルトブラウザの変更設定はiOS14以降のiOSをインストールしておく必要があります。

デフォルトブラウザをSafariからChromeに変更するために、App StoreからGoogle Chromeをインストールします。

次に「設定」アプリを開き、ページ下部に移動してChromeを選びます。

すると「デフォルトのブラウザApp」という項目が表示されるのでタップします。

最後にデフォルトブラウザにしたいアプリを選べば終了です。

今回はChromeを選んでみました。

デフォルトブラウザがChromeになったことを確認する

実際にデフォルトブラウザがSafariから変更されたかどうか確認してみましょう。

Spotlightに適当な文言を入れてみます。

するとこれまでSafariのアイコンが表示されていた場所にChromeのアイコンが入っています。

これをタップすると…。

この通り、SafariではなくChromeが起動しました。

つまりデフォルトブラウザがChromeになったという訳。

カンタンなので是非試してみてくださいね!

iOS14の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

→iOS15.1の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?

→iOS15.2の新機能をチェック!不具合やアップデートの感想は?


関連記事