ToFセンサーって何?スマートフォンのカメラが大きく進歩する鍵になりそう

投稿日:

by Amamin

2020年にリリースされるiPhoneにはToFセンサーが搭載されると報じています。またPixel4にも搭載されると噂されており、なぜToFがここまで注目されるのか気になりますよね。

という訳で今回はToFセンサーについて解説しますよ!

ToFセンサーって何?

ToFとはTime Of Flightの略称で、光を 照射して反射が帰って来るまでの時間で三次元情報を計測するセンサーのことです。

もちろん普通の光だと自然界の光と区別が付かないので特別に変調を加えて区別がつく形になっています。

iPhone XやXsに搭載されているTrueDepthと似ているのですが、TrueDepthは赤外線を使っておりToFは光を使う点で違いがあります。

ToFセンサーのメリット

デュアルカメラでも三次元情報は取得できるが…

最近のスマートフォンはデュアルカメラやトリプルカメラになっており、カメラ情報の差分から被写体の三次元情報を取得することはそれなりに可能です。

しかしながら、差分から計算される三次元情報にはブレが大きく撮り方によっては誤差が生じる可能性がとても高いのです。

また暗くなると三次元情報の取得がうまくできない、というデメリットがあります。

TrueDepthとは用途が異なる

ではiPhoneのようにTrueDepthを使えば顔認識ができるから、ToFセンサーは必要ないように思えます。

ですが用途が大きく異なります。

下記の画像は左がTrueDepthのように赤外線を照射して被写体を写したものです。

右がToFを照射したものです。

一見すると、色の違いしかないように見えますが以下のような違いがあります。

赤外線:被写体の凹凸が細かく分かる

ToF:被写体との距離が正確に分かる

つまりiPhoneのディスプレイ側に配置されているTrueDepthは赤外線を使うことで「顔認識」に優れていますが、ToFカメラはスマホの背面に設置されることで、被写体の距離を正確に認識し「ボケ」等がうまく表現できるようになる訳です。

そしてスマホと被写体の距離が正確に分かるのでARがもっともっとリアルになるでしょう。

またToFは光を照射する為、暗闇でも正確に距離を把握できますし装置自体は単純なので比較的コストが低いというメリットがあります。

と言う訳で、安くて三次元情報を正確に取得できるToFは今後主流になる可能性が極めて高いと言えるでしょうね。

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事