イヤホンの断線や紛失を防ぐ巻き方と収納方法|材料費は…0円!

更新日:

by Akagi

イヤホンで音楽を聴いている人ならこういう悩みが結構あるのではないでしょうか?

  • イヤホンがすぐ断線しちゃう…
  • コードが絡まってしまう
  • 聴いてる時コードがぷらぷらほっぺに当たってイライラ…
  • Bluetoothイヤホンの片方をなくしてしまった

今回は、イヤホンを管理する上での、4つの悩みを解決したいと思います。

イヤホンの「断線」を未然に防ぐために注意すること

iPhoneのイヤホンや変換アダプタが断線するとしたら多くの場合、この部分になります。

と言う訳で、断線を防ぐ方法を紹介します!

用意するモノはこちらです。

変換アダプタだけではなくイヤホンでも同様の効果が得られます。

一見普通のバネに見えますが、そうなんです!

「普通のバネなんです」

壊れているボールペンから取り出したバネです。

ここで!写真に写っているバネと、変換アダプターを合体させます。

バネがイヤホンや変換アダプターのケーブル部分の可動域を制限してくれます。それにより断線を防いでくれますよ。

とても安上がりで出来ますので、試してみてはいかがでしょうか。

関連:iPhoneの付属イヤホンの機能はすごいぞ!便利な使い方まとめ

イヤホンの便利な収納方法

イヤホンって長いし細いしすぐ絡まるし…いい収納方法がない。。 次は、そんな悩みを解決するイヤホン収納方法を3連続でお届けします!

①八の字巻き

最初にご紹介するのは八の字巻きです。まずはイヤホンを巻く手の形を作ります。手を握ってから人差し指と小指だけのばしましょう!

親指でイヤーパッドを固定して、人差し指と小指に八の字になるように巻いていきます。

これを繰り返してどんどん巻いていくと…八の字に見えてきました!

残りのコードの長さが20cmくらいになったら、八の字が崩れないように指から外します。

残した20cmほどのコードで八の字の束の真ん中を巻いていきます。

巻くときに強すぎるとコードを傷めてしまうので軽めに巻きましょう。最後3cmくらいになったら八の字の輪っかにプラグを通して完成です!

②ケースに入れて絶対安全!

次はケースに入れる方法です。単純ですが、これがかなり便利!
ケースは大きすぎなければなんでもいいと思います。くるくる巻いてケースに入れ、

蓋を閉めればもう完璧!最強にコンパクトに収まり、イヤホンの安全も確保されています!ありふれすぎていて思いつきませんでしたが、これは本当にイヤホンに優しい収納方法ですね。

関連:iPhoneのバッテリーケースを比較してみるぞ

③巻取り式イヤホンをつかう

上記の方法は手間がかかって面倒だと思っているあなたにおすすめです。

コードを巻くだけでケーブルの長さが短くなり、きれいに収納することができます。

また、100金で購入することができるので、お財布にも優しいです。

おまけ:独立型Bluetoothイヤホンをなくした時の対処法

AirPordsの登場により、独立型Bluetoothイヤホンは日の目を浴びるようになりました。

しかし、独立型Bluetoothイヤホンはとてもコンパクトな設計になっており、とてもなくしやすいです。

著者もつい先日に独立型Bluetoothイヤホンの片方をなくしてしまい、泣き寝入りしていました。

ですが、ほとんどの独立型Bluetoothイヤホンには、「片方無くしてしまった時の保証」があります

例えばAirPodsの場合は片側のイヤホンのみなら7,800円で購入可能です。

他のメーカーだとAppleと同様に片側のイヤホンだけ購入できたり、5000〜6000円払うことで新品に交換できるそうです

以上、イヤホンの収納とBluetoothイヤホンの紛失対策でした。

イヤホンの断線や紛失で悩んでいる方の参考になるとうれしいです。

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事