面倒なアカウント作成なし!年賀状を手軽にサクサク作って送れる年賀状アプリ3選

投稿日:

by marilyntsuda

今年は「平成最後」ということで、年賀状の挨拶には「来年から年賀状を辞退します」という文言も取り入れられているのだとか…。
一年に一度とは言え、毎年何十枚、何百枚と年賀状を作成するのは大変ですよね。

そろそろSNSでの新年のご挨拶が定番になりつつある中で、iPhoneで手軽に作成&送信できる年賀状アプリをご紹介します。

素材が豊富でSNS向きな『Sweet Card』

SNS向きなオシャレなデザインとスタンプが充実しているのが『Sweet Card』です。

ベースになるデザインを選んだら、背景やスタンプも自由にカスタマイズすることができます。

デザイン通りの場所に画像を入れる場合は丸で囲んだイメージアイコンをタップ、それ以外で画像を追加する場合は下部の「写真」をタップすると、カメラロールから写真を選ぶことができます。

SNS向けを意識するなら、細かい文字などは読みにくいので削除して、他のスタンプに差し替えるなどするのがオススメです。
パーツの削除や編集をするには長押しで選択します。

スタンプや背景も豊富に揃っていますので、お好みでカスタマイズしてください。
完成したら右下の「OK」をタップ、次画面で「データを保存」をタップで本体に保存されますよ。

まだSNSで送るには早いですが、「OK」をタップするとアプリ内にも保存されていますので、年が明けたタイミングで各SNSで発信するといいですね。

こちら、年賀状以外にもバースデーカードや記念日カードも作成できますので、他とは違うメッセージカードの作成に便利です。

SweetCard年賀状2019
写真/ビデオ
無料

キャラクター年賀なら『おしゃれ年賀2019』

キャラクター好きなら『おしゃれ年賀2019』がオススメです。
スヌーピーやサンリオをはじめ、ディズニーなどの人気キャラデザインが揃っています。

こちらは使いたい写真がたくさんある方や、スタジオ撮影など自慢の写真がある方にピッタリ!
写真を活かしたポストカードのような素敵なデザインが豊富にありますよ。

写真付きデザインを選んだら「このデザインで作成」をタップすれば、使用する枚数分をカメラロールから選択します。
自動で割り当てられるので、長押しして自由に入れ替えることもできます。

今年しか使えない「平成最後」のスタンプがたくさんあるのもポイント高い!

完成したら右上の「プレビュー」で次画面へ。
さらに右上の「保存して終了」でアプリ内に保存されます。

本体には保存されないので、右下の「共有」から自分宛のメールなどを送信して画像保存しておくといいですよ。

筆者は自分だけのLINEトークにとりあえず送信しています。
あとは送りたいタイミングでLINE友だちに転送するだけなので簡単ですよ。

おしゃれ年賀状2019
ライフスタイル
無料

定番デザインで幅広く使える『はがきデザインキット2019』

いくらオンライン年賀状とは言え、SNSで公開するには「キラキラで写真付きばかりだと使いにくい…」という方には、定番のデザインが揃う『はがきデザインキット2019』がオススメですよ。
写真なしのデザインも多く用意されています。

こちらも小さな文字の挨拶分は削除して、スタンプを追加してバランスを整えます。
完成したら右上の「決定」をタップ。
次画面では右上の「保存」をタップで、アプリ内に保存されます。

作成した画像を保存するには、「マイデザイン」から作成したデザインをタップして「印刷」→「端末に画像保存する」と進めば、カメラロールに保存されます。

日本郵便公式アプリとあって、幅広く活用できる定番デザインが揃っているのはありがたいですね。

ちなみに今年のお年玉付き年賀状は、現金30万円や2020年東京オリンピック招待(旅行券付き)など、魅力的な景品が用意されているようです。
同じデザインで印刷するのもいいかもしれません。

はがきデザインキット2019 年賀状や宛名をかんたん印刷
ライフスタイル
無料

ご紹介した年賀状作成アプリ、いずれも面倒なアカウント登録なしでSNS共有or画像保存することができます。
ぜひ年末年始の特番を観ながらポチポチ作成してみてください。
作成した年賀状をぜひTwitterで送っていただけるとうれしいです♪

カミアプ公式Twitter

津田マリリンTwitter

iPhoneをチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事