iPhone X、外側のカメラが壊れるとFace IDが使えなくなるらしい…

投稿日:

by yumi

iPhone Xから搭載されたFace IDは、上部の切り欠き部分に設置されたTrueDepthカメラによる顔認証システム。

TrueDepthカメラさえ壊れなければ大丈夫だろうと思いきや、なんとTrueDepthカメラに加え、リアカメラ(iSightカメラ)が壊れてもFace IDが使えないようなんです。

カメラ同士が連動しているということなんですかねぇ。

どのカメラが壊れてもFace IDが使えなくなる

米メディア9to5Macが入手した「Appleが正規サービスプロバイダに送った新しいサポート文書」には、iPhone XのFace IDに問題が発生しているときの修復プロセスについて記載が。

そこには「まず、リアカメラの修理で直るかどうか試すこと」「もしリアカメラの修理で直らないと判断した場合は、端末の交換で対処してください」と書かれていたそうです。

Face IDはTrueDepthカメラによる機能だと思っていましたし、まさか外側にあるカメラが関係しているとは驚きですね。

掲示板Redditには、とあるユーザーが

Genius Barのスタッフと話したんだが、彼はカメラは連動していると言っていた。レンズはそれぞれ何をするかが異なっていて、広角カメラはリアカメラと連動して動いているんだって(意訳)

と書き込んでおり、さらにTwitterを見てみると

と、実際にリアカメラが壊れてFace IDが使えなくなったという方が。

顔を写すなら内側のカメラだけでいいだろうと思ってしまいますが、まさか外側のリアカメラもFace IDに関係していとは…。ちなみにiPhone Xのカメラが壊れた場合の修理費用は、

  • Apple Care+に加入している場合:11,800円
  • Apple Care+に加入していない場合:60,800円

と非常に高額なので、iPhoneをよく落とす方は注意が必要です…!

iPhoneをチェックする

 ソフトバンク民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

参考:9to5Mac

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事