Appleが「電卓に見せかけた写真アプリ」を削除?と思ったら実は…

投稿日:

by HikaruSano

App Storeには今までに非常に多くのアプリがリリースされていますが、Appleの決めたレギュレーションガイドに違反している場合、問答無用でストアから削除される事があります。

今回も各所でとあるアプリが削除されたとニュースになっているんですが、どうもそれはフェイクニュースの可能性が高いようなんです。

バージョンアップして登場

先日AppleはApp Storeから『Private Photos (Calculator%) 』と呼ばれる一見すると電卓に見えるアプリを削除したと各所で報じられました。

このアプリは起動すると電卓アプリのように使用できるのですが、秘密のパスワードを入力する事によって隠しフォトアルバム機能を利用する事が可能で、先日危険なアプリとしてアメリカのTV番組で取り上げられています。

このアプリが削除されたのは、イギリスで発生した未公開事件に利用されていた事が原因と言われていますが、実はこのタイプのアプリは珍しいものではなく、筆者も2010年頃から同様のアプリを知っています。

イギリスで発生した事件の情報は未公開のため、実際このアプリがどのように利用されていたのかはわかりませんが、Appleに削除されたのであれば余程の事件だったと言えるでしょう。

ところが真実はそうではないようで、現在『Private Photos (Calculator%) 』は普通に公開されており、4月20日付でバージョンアップされた事がわかります。

今回の件におそらくAppleは直接関わっておらず、運営側がニュースなどでアプリアイコンやスクショを公開されたのを嫌がり一時的にストアリジェクト(販売中止)、アイコンのみを変更(履歴ではBugfixesになってる)してリリースし直したのでしょう。

このアプリが危険というニュースがリリース・拡散しTVでも取り上げられた事で一旦販売中止したのが、側から見るとAppleが削除したように見えフェイクニュースのように広まってしまったのが、今回の顛末のようです。

ただこうしたアプリが、Appleの禁止している「隠し機能」判定を受けて実際に削除される可能性はゼロではないので、欲しい人は今のうちにダウンロードしておいた方が良いかも知れません。

まとめ

事件は他のニュースを見るに「児童ポルノ」絡みのようですが、このアプリが特別悪いワケではなく同様のアプリすべてに事件関与の可能性があったと言えるでしょう。

アプリの運営者的には完全にとばっちりな上、「Appleに削除されたアプリ」認定を受け今後の進退に思いっきり影響が出そうな感があり、お気の毒様とした言いようがありませんね。

iPhone11をチェックする

 au民は見ない方がいいかも。最終的に全然違うよ。

かなり旬な記事

iPhone 11・Pro・ Pro Maxを値段とコスパで比較!iPhone11を選ぶのが正解です

執筆時間12時間。ガチでまとめました。

参考:Business Insider

人気記事

ランキングの続きを見る


関連記事